フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 一ノ瀬泰造1973 by Shisei Kuwabara | トップページ | 1982年夏広東市における島尾さんと私 »

2018年12月13日 (木)

曙橋の柿の木に柿の実がいっぱい

曙橋の柿の木に柿の実がいっぱい49ab13b9761b443e80c4d504e4ef59ec
アローカメラに行くのにはいくつかルートがあるが通常の20年来のルートはもう飽きたので最近は曙橋の真下の階段を上って行く。そこに柿の木がある。その柿の木に柿の実がなった。
学術的な用語ではこの言い方が正しいらしい。

どうも今年は柿の木になる柿の実が豊作のようである。今年到来した柿の木になった柿の実であるが最初に新潟のが来て次にギャラリーバウハウスの柿が来てもうたくさんと思っていたら岡山からまた柿の実が到来した。
それはそれでありがたいのであるが私は柿の木の実到来ごとにまず1口ぐらいしか食べない。そうなると責任感が発生して家人がみんな柿を食べているのである3回到来した柿の木の総数は知らないけれどもひゃっこでは無いにしろ60個よりは上であろう。

曙橋の真下の急な石段を上るときに隣の空き地に樹木があった事は記憶している。ところが今日ガラクタ屋さんから帰るときにその樹木が柿の木であって柿の木の実がなっていると言うことに初めて気がついた。

最新型のiPhone 6で撮影したのだが大変な柿の木の実の量である。人間の才能がこの柿の木の実ぐらいに一挙に弾ければ幸せなのになぁと思った。

« 一ノ瀬泰造1973 by Shisei Kuwabara | トップページ | 1982年夏広東市における島尾さんと私 »

ごあいさつ

  • Note新ブログのお知らせ
    新ブログのお知らせ お世話になっております。2018年11月27日より tanakachotokuカメラノートがスタートしました。スポンサーに頼らないIndyなカメラストーリーです。
  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31