フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 日本経済新聞に紹介されたいわゆる鳥が走ってます写真について | トップページ | ?堀切方丈記 »

2018年10月15日 (月)

プラハのアトリエの最後の日々

プラハのアトリエの最後の日々1

プラハのアトリエには30年近く暮らしたのである。この場所はプラハの街の北部にあってプラハ工科大学と隣り合っていた。プラハの6区と言うのはいわゆる文教地区であってこのアトリエのある建物は1930年代に作られたが最上階は画家のアトリエになっている。

当時の建築基準法で5fまではエレベーターがなくてもオーケーであって6fの屋根裏部屋母エレベーターなしでオーケーと言うことであったらしい。

ここに暮らし始めた30代の頃は結局6階まで階段を上ってなんともなかったが毎年徐々に階段が高くなってきた感じがする。
それで数年前ヒキ払った。それ以来プラハに行った時はホテル暮らしである。ホテルがすごいなと思うのはエレベーターがついていることだ。エレベーターのない建物に暮らしているとそんなことも素晴らしいことに思える。

近くにソ連大使館の文化部があって組織がロシアになったときに共産党を称えるいろいろなデコレーションが門の前に捨てられていた。興味本位にそれを拾ってきて当時私がやっていたカメラジャーナルと言う冊子の表紙に登場させるカメラのバックに使った事もあった。国家が1つの体勢からもう一つの体制に移行する時それまで尊敬され言っていた環境などは簡単に捨てられるものなのだと痛感した。


« 日本経済新聞に紹介されたいわゆる鳥が走ってます写真について | トップページ | ?堀切方丈記 »

ごあいさつ

  • Note新ブログのお知らせ
    新ブログのお知らせ お世話になっております。2018年11月27日より tanakachotokuカメラノートがスタートしました。スポンサーに頼らないIndyなカメラストーリーです。
  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31