フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« Canon L1持って夢の下町バスに乗る | トップページ | ディエンビエンフーでの仕事 »

2018年9月21日 (金)

何もない白い壁の上にハノイの風景がだんだん浮き上がってくる

何もない白い壁の上にハノイの風景がだんだん浮き上がってくる

9月20日からスタートのギャラリーバウハウスでの私の個展ハノイディエンビエンフーの設営に立ち会う。最初にびっくりしたのは我々にとってギャラリーの白い壁を見ると言うのは非常に珍しい機会であることだ。

^ ^そこにセレクトされたフレームが床に置かれていく。それを端から見るわけだなこれが1番写真展の嬉しい瞬間だ。

写真集やっているプロセスに比較してみる と印刷が終わって最初の見本が刷り上がってきたときの気分に非常に近い。精神が高揚をすると言うやつである。こんな風景を自分が見ていたのかとびっくりする。

それはセレクションの恵みと言うやつで今回の写真展の展示でもそーゆー隣同士の写真が響きあってハーモニーを作り出すと言うところが何カ所もあった。
これは撮影者本人は気がつかないことでまさに小滝ディレクターのパワーによるものなのである。

写真の展覧会は写真集に比較して何が良い良いかと言えばある一定時間が経過すると展示したものは後に残らないと言う点であるかもしれない。
写真集はそうは行かずに長く残ってしまうから時間軸に対して強いということもできるが要するに別の見方をすれば時間軸上で後の世の中になって恥をさらすと言うことになるわけだ。

2484e6c810a44b319bd01bd2accd6cd5


99b3072e87e4456c96bf577bb29b8b92


« Canon L1持って夢の下町バスに乗る | トップページ | ディエンビエンフーでの仕事 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31