フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 島尾伸三さんから四谷の自主ギャラリーの絵はがきが届く | トップページ | Yosuke Noda New Color »

2018年9月13日 (木)

リーペイントのキャノンはなかなか使える

Img_8518
日大写真学科の同級生に上村というのがいて彼が使っていたのがキャノンポピュレーだった。
それもかなり使い込んだブラックペインでレンズはキャノンの28ミリの旧型のエフ3.5のやつだった。
彼が使っていた中判カメラはこれも今では珍しいRitrekの69一眼レフなのである。
折りたたみ式のファインダーの正面に逆Galireoのスポーツファインダーがついていた。
当時で言うところの競馬ファインダーである。

上村の持っていたものはユニークだったから今でもよく覚えているのである。

オリジナルのブラックペイントのキャノンは高くて買えないからもっぱらリーペイントを使っている。プラハの街をこのカメラを手にしてレンズはソ連製の28ミリFedでどこまでも街角を交互に曲がって撮影に行った。

このやり方は知らない街を歩くときには割と有効な歩き方である。
これをジグザグ歩行方式と言うのだ。

キャノンポピュレーは35ミリ50ミリ100ミリのブライトフレームが付いているので実際的で使いやすい。しかもパララックスは補正するし同じ時代のニコンエス3よりも優れている。

もっとも私の場合ファインダーはスナップの時見ないからどちらでも同じことである。

« 島尾伸三さんから四谷の自主ギャラリーの絵はがきが届く | トップページ | Yosuke Noda New Color »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30