フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 3本のレンズベストなルーペはどれか? | トップページ | 河内の超積載バイクついて »

2018年9月 1日 (土)

1955年当時アメリカでこのカメラは実際いくらしたのか?

1955年当時アメリカでこのカメラは実際いくらしたのか?Img_8238


Img_8237

1970年代の初めに銀座のグラフィックや写真集の専門の図書館でアメリカのカメラマガジンのバックナンバーを片っ端から見ていた。単なる興味本位であってその当時のアメリカのカメラの値段を知りたかったからだ。非常にびっくりしたのはこの東独生のカメラの値段がライカカメラとほぼ同じであったことだ。当時の値段で500ドル後半なんです。

実際には店頭でかなりの値引きをしたはずであるがリストプライスはライカと同じなのである。そして性能的には当時の価値観からすればレンジファインダカメラよりも進んだ一眼レフカメラであった。戦前の日本のカメラ雑誌にもExaktaは紹介されていたが値段は聞か脱が華とコメントがついていたそうだ。

先週ガラクタ屋さんで買ったカメラはこの価格である。実にコストパフォーマンスがよろしい。嬉しかったのはカメラ本体に後で慌てて刻印したようにジャーマニーUS SRとついていたことだ。

« 3本のレンズベストなルーペはどれか? | トップページ | 河内の超積載バイクついて »

ごあいさつ

  • Note新ブログのお知らせ
    新ブログのお知らせ お世話になっております。2018年11月27日より tanakachotokuカメラノートがスタートしました。スポンサーに頼らないIndyなカメラストーリーです。
  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31