フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« ライカのケースの使い方をアンリカルティエブレッソンに学んだ | トップページ | 坂崎幸之助といいますアルフィーと言うバンドをやってます »

2018年8月 6日 (月)

その存在感がハンパないキャノンのカメラホルダー

その存在感がハンパないキャノンのカメラホルダーImg_7992

しばらく前にガラクタ屋さんで買ったキャノンレンジファインダー用のカメラホルダーである。VT専用であるがこれはめったに見たことがない。5Tという意味であってローマ字のVではない。子供の頃友達の 783の息子田近くんがブイティーデラックスと呼んでいたがこれは間違いである。

なぜこういう製品ができたのかその背景はわからないがカメラよりも工作精度が高いように見える。
当時のキャノンのレンジファインダーはカメラボデーの端っこに三脚穴ついていたので三脚に乗せるとバランスが悪くなる。それでこういうものを作ったのであろうか?ライバルのニコンでは似たようなアクセサリーは存在しないからだ。

しかしこのカメラホルダーはデザインから見るとなかなか優れている。しもったいないほど良い材料使っている。

キャノンのレンジファインダが最初のグッドデザイン賞を受賞したのはL1モデルである。中古市場では石ころみたいに安い値段で転がっているが優れたデザインだしカメラボディのトップとボトムの間の黒い塗装された部分はこれは漆で塗装されているのである。

半端ないカメラホルダーであるがカメラ本体に装着して実際に使うわけではない。お道具鑑賞である。だからからこれは名物----名物にうまいものなしの名物ではなくて茶道の名物ーーーーであると言うことがよくわかる。

« ライカのケースの使い方をアンリカルティエブレッソンに学んだ | トップページ | 坂崎幸之助といいますアルフィーと言うバンドをやってます »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31