フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« おもてなしには程遠い。新幹線のチケットが日本語だけで印刷の件 | トップページ | その存在感がハンパないキャノンのカメラホルダー »

2018年8月 5日 (日)

ライカのケースの使い方をアンリカルティエブレッソンに学んだ

Img_7975_2

枝村酒店がまだあった頃カメラ談義が沸騰していて1955年に木村伊兵衛がブレッソンに会ったときのツーショットなどがあるがその時木村伊兵衛が撮影したブレッソンのライカを構えている写真が話題になった。

ブレッソンのライカケースは自分で作ったもので本体と2がゴムのテープのようなものでつながっているらしい。そのことは木村伊兵衛が記載しているのであるがレンズだけ出して撮影して手を離すとライカ本体はゴムの力で自動的に閉じるのだそうである。

アサヒカメラのごく小さい写真であるからそのブレッソンのホームメイドのライカケースの写真はよくわからなかったがクラブエダムの仲間内で似たようなものを作ろうと話題が盛り上がった。

そこに集まる連中は格闘技系なのでお店の前で取っ組み合いをして遊んだりしていたためにライカケースの制作はそのままになってしまった。

ライカのエム5はそれまでのコンセプトと全く違う。カメラを持ち歩くときに縦にして持ち歩くと言うのが基本コンセプトなのである。これが評判悪くてユーザに叱られたのでライカはエムファイブに慌ててストラップアイレットをつけて3つのストラップアイレットが付くと言う面倒なことになってしまった。

このライカはごく初期のロットであるからストラップアイレットは2つだけである。これがやはり正統派なのであろうと思う。M5専用の革ケースが2つあってハードケースの馬鹿でかいやつ。もう一つはもう少しぴったりしたものでカメラを縦にぶら下げるやつだ。10年ほど前にガラクタ屋さんでこのカメラをにぶら下げるやつを買ったら1週間でファスナーが壊れた。4000円もした高いケースがすぐ壊れたのは残念だった。

その原因はすぐにわかった。使っているファスナーがYKKではなくドイツの知らないメーカーなのである。これではすぐ壊れるよね。

ヤフオクで同じ革ケースを500円で売っていたのでそれを買った。セラーがさんは私のことを知っていて3年前三共カメラで私に会いましたとか言うお話であった。

私のブレッソンに教えられたのはこの革ケースはファスナーが壊れている方が使いやすいと言うことである。モチーフを発見してもたもたファスナーをぐるりと開いている間に相手はどっかに行ってしまう。

それでこのカバーケースの使い方はファスナーを閉めないあるいはファスナーが壊れているというのが正しいことになる。

« おもてなしには程遠い。新幹線のチケットが日本語だけで印刷の件 | トップページ | その存在感がハンパないキャノンのカメラホルダー »

ごあいさつ

  • Note新ブログのお知らせ
    新ブログのお知らせ お世話になっております。2018年11月27日より tanakachotokuカメラノートがスタートしました。スポンサーに頼らないIndyなカメラストーリーです。
  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31