フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 夏休み絵日記エプソンライカ | トップページ | 皇太子殿下のニコンカメラ »

2018年8月21日 (火)

第3帝国時代のCelt Dolina

第3帝国時代のCelt Dolina
Img_8157

仕事場の傍にもう10年以上置いてあるカメラがある。そのカメラが何であるのか私は知っているがそれを手に取ったことがない。思いつきで手に取ってその蛇腹カメラを開いてみた。四半世紀前にプラハの中古カメラ店で買ったことも覚えている。


Celt Dolinaと言うカメラである。このカメラはドレスデン声だ。作りが非常に良い。70年以上たってもカメラの革張りなどは全く崩れていない。
まずフルサイズのミラーレスとかライカエム、アポ頭ミクロンとかマクロすいたなどが好きな人はこういうものは相手にしていないだろう。どういうカメラ人類がこの餌に引っかかってくるかと思ってFacebookに出したらすぐに京都の燎原さんからレスがあった。燎原さんはカメラ修理の達人だが以前はフェラーリのメカニックでもあった人だ。彼が最初にやられたカメラがイタリアはローマのレクタフレックスなのである。
Celt Dolinaであるが戦前のモデルが非常に良い。戦後のものは形はほとんど同じなのであるが仕上げが東独のカメラと言う感じがする。要するにアルミ製品と言う存在感になってしまった。カメラの専門店のウインドウに並んで いると言うよりも荒物屋さんの店先にぶら下がっているのがお似合いと言う感じなのだ。Facebookでもと三越の経理部長さんからも問い合わせがあって自分も1台持っているが戦前ものが戦後ものか鑑定してほしいと言ってきた。経理部長さんのCelt Dolinaを鑑定したらこれも戦前ものであった。第3帝国時代のものですご安心くださいとFacebookに書いたら安心したようだった。

第3帝国時代がかっこいいのはカメラの場合だけです。
日本の政治が第3帝国になるのはお断り。

« 夏休み絵日記エプソンライカ | トップページ | 皇太子殿下のニコンカメラ »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30