フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 木陰のワークショップは素晴らしかったがちょっと痒かった | トップページ | 指を切らないコンビーフ »

2018年7月13日 (金)

じゃんじゃん横丁150円のかけうどん

じゃんじゃん横丁150円のかけうどんPhoto_2

大阪を最初に取るようになったのは1985年のことだ。8 × 10の大型カメラで大阪の近代建築を撮影したのである。その時撮影した建築物はすでに40数年経っているから跡形もない。日大写真学科の1年後輩の木村くんにお願いして赤いフォルクスワーゲンで大阪を走りまわった。
あれは何と言ったか長堀の広い通りの真ん中にある緑地帯で撮影済のフィルムホルダーをたくさん忘れてきてしまって慌てて取りに帰ったこともあった。

じゃんじゃん横丁の辺は1985年にはなかなか怖いところであって大型カメラをセットするにも神経を使った。

その後私はチェコのビロード革命に興味を持って何十年もチェコのプラハに行っていたので大阪はご無沙汰になってしまった。それが10数年前に大阪芸術大学と関係ができたのでまた行くようになった。
じゃんじゃん横丁のノースエンドにある松葉とか言う名前のうどん屋のかけうどんが好きなのである。
以前は150円であったが今では10円値上げして160円だ。こういうのはうまいとかまずいとか言う以前にそれを食べに行くと言うことが旅の目的になるのである。

そこに食べに行くお兄ちゃんとかおっちゃんはスタミナをつけようと言うのでうどんの上にいろいろ天ぷらとか載せているのである。これが難波の基本的なエネルギー補給に関する法則と言うものであろう。私はそーゆー注文はしないか脇で見ているのは好きだ。

« 木陰のワークショップは素晴らしかったがちょっと痒かった | トップページ | 指を切らないコンビーフ »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31