フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« トニー0ジョーンズの事 | トップページ | 本日移動日。羽田河内 »

2018年6月23日 (土)

間宮フレックスはC1がいい

273104b885474ed1a10c1ffe5e02c5fa

ちょうど50年前に間宮フレックスのC2を使いだした。その頃のスイスカメラマガジンにダイアンアーバスを撮影したポートレートが掲載されていた。アーバスの使っていたのは間宮フレックスのC3であった。
アーバスの写真集の中でフリークを撮影したシリーズはもちろんローライフレックスがメインなのであるがその他に間宮フレックスで65ミリと135ミリのレンズを使用しているのである。その両者の感覚というか空気の感覚が非常に素晴らしかった。

マンハッタンのセントラルパークあたりで撮影されたと思われるアーバスの肖像はだらしなくベンチに座って脇にはトートバッグがありそこに間宮フレックスが入っていた。何かそこら辺のローカルな学校のバザーで物売っているおばさんと言う感じがしたのでそれで私はアーバスが好きになったのである。

でもカメラの美学と言うことから考えれば私は1番最初の間宮Cが好きなのである。カメラのネームプレートのデザインがダントツに良い。これはあまり数がないカメラであってフォーカシングの分は右手で操作するのしかついていない。

だから間宮フレックスのことを知らない人が見ると左側のフォーカシングが失われたジャンクカメラのように思うのだ。

標準レンズは105ミリ付きだったようである。それがこのような結構薄いソフトレザーケースに包まれているのは何か非常に高級な文化財を見るような感じがする。

« トニー0ジョーンズの事 | トップページ | 本日移動日。羽田河内 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30