フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 、これが名物ハノイの袋小路 | トップページ | GRギャザリング »

2018年5月 5日 (土)

お花がライフワーク

お花がライフワーク
Img_6614

植物や花の名作写真が好きである。私が大嫌いなのはデジカメの作例と称して毎日世界中で膨大に生産されるお花の写真なのだ。ただ無意味にお花をクローズアップして絞り開放でとって失敗したとかアポ頭ミクロンはボケがいいとかいって遊んでいるのである。

真面目なワークショップをやっているときにいきなり隊列を離れてお花に駆け寄る人もいる。どういう頭の構造になっているのか考えるがこういう人が本当のシュールレアリストなのであろう。

憲法で保障されている表現の自由であるから何をどうとってどう発表しようと自由だが何か白々しい感じがしますね。

東池袋の名もなきコロッケ屋さんが閉店してもう1年になる。それで様子を見に行った。東池袋の日立製作所の脇から路地に入っていくと昭和30年代みたいな鬱蒼とした植物の群落がある。

何が変わったかと言うと路地のエントランスの右側にある地味な焼き鳥屋さんはそのまま串カツの田中に名前を変えていた。時代はどんどん変わっていく。

そこの路地に子供の頃から慣れ親しんだお花があったのでそれを1本だけつんできた。ヒメジオンである。
名もなきころっけやさんはなんとなく寂れていてその寂しさは桂離宮みたいな感じがした。ころっけやさんの親父さんがにかいの雨戸に描いたピカソバリの絵画があるのだがそれは元気だった。

つんだお花を家に持ち帰ったらしぼんでいた。家人が慌ててそれをシャンペングラスに入れたのである。翌朝見たら元気になっていた。自然の造形の不思議さに打たれるのはこういう瞬間である。

少年の頃はかがみ込んでそういう草花を真剣に観察した。あれは人生の中で最も重要な時期であったと思う。😎

« 、これが名物ハノイの袋小路 | トップページ | GRギャザリング »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31