フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 名取洋之助のベビーローライフレックス | トップページ | 、これが名物ハノイの袋小路 »

2018年5月 3日 (木)

鈴木光学のデュアルフォーマットカメラ

のデュアルフォーマットカメラImg_6686
鈴木光学のPress Vanである。このメーカーはローマの休日でライターカメラを登場させて何かキワモノカメラメーカーのようで損をしている。
しかしこのカメラはユニークなメカニズムで素晴らしいと思う。

20年近く前に出した僕のカメラ達 = 1,000ページある本であってこれは夏に昼寝をするのに良い。プレス盤はそこにも収録されている。ところがカメラ、ジャングルであるからどこにあるかがわからない。それで新たに導入したのがこれだ。
程度の良い方はほとんど新品であるがシャッターが粘っている。もう1台の方は非常に汚いがシャッターもちゃんとしている。つまりここで教えられる事はクラシックカメラは常に使っていないとその状態が保てないと言うことだ。ライカだって修理の名人日暮里のマイスターも同じようなことをおっしゃっていた。

古い友達の小松さんが若い頃このカメラを借りて山登りをして傑作をたくさん取ったそうである。当時は真宮6がメインであったからそれに対抗して出したのであろう。ただしこのカメラは1953年に登場している。つまりベトナムのディエンビエンフーの戦いの年なのである。

間宮にしてもそうだが当時は自社製のレンズはなかなか難問であった。それでフミヤの場合は高千穂光学の瑞光を採用しこのカメラの場合は琢磨レンズを採用した。戦前のキャノンが自社レンズが用意できなくてニッコールを使ったのと同じ背景であろう。😎


« 名取洋之助のベビーローライフレックス | トップページ | 、これが名物ハノイの袋小路 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31