フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« Josef Sudekの窓辺 | トップページ | 森永純さん »

2018年4月 6日 (金)

河内のひげ爺

ハロウィンのひげ爺B2cbd8d110ed485cbe5506b46e9bf663

昨年のちょうど今頃パリの写真展のオープニングレセプションで特製ラベル付きのワインで良い気持ちになっているところにパリジャンが私に話しかけてきた。立派なヒゲだな。太ったホーチミンだな。と言うのである。それはその通りである。
私は実際にホーチミンのムスリムを見ている。
ディエンビエンフーを忘れるな!!と言ったら相手は笑っていた。大国フランスにとってこの最大の負け戦がショックであったに違いない。

ハノイ中央駅の南側を東西に走る寒天通りは北爆が最も激しかった地域だ。
ジョンソンの指令した北爆の時この地域は集中的に攻撃され投下された爆弾の量は1,000,000トンであった。ただし当時の河内市民は戦争慣れしているから死者の数は最低限であった。

寒天通りを歩いていたら後ろから肩を叩かれた。見ると私と同世代のおじいさんである。ニコニコしている。酒にちょっとよっているらしい。
ホーチミンみたいな立派なヒゲですねと言ったらしい。ベトナム語がわからないからこれは昨年の5月のパリのパーティーの思い入れがあるのだ。実際には同士、飲みに行こうか?と言っていたのかもしれない。
最初のハノイ訪問の案内してくれたのは1975年生まれの青年だった。北爆の時は街の南部がやられたが自分はハノイの北部に住んでいたのではひどくなかった。
ちょうど東京大空襲の時に下町は被害がひどかったが山の手はそうではなかったと言っているのである。

寒天通りのじいさんと別れてハノイ駅の西口にあるビアホールに歩いて行った。😎
02573671bea746d0b4d6a627d00cf46d


« Josef Sudekの窓辺 | トップページ | 森永純さん »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31