フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« オーストリアウィーン周辺部の工業地帯 | トップページ | 河内の南半分を歩く »

2018年4月 2日 (月)

G10からG20にアップグレード本日移動日東京河内

河内Img_6230

78年前になるがヒルズで仕事をしているときに東京タワーの上の展望台からヒルズを見ている男性がいてこっちから東京タワーが見れるからそれで友達になった。男性はゴスペラーズですと言うので私はゴスペラーズってなんですか?と聞いた。知っているのはビートルズとアルフィーだけであったからだ。そこに第3のバンドゴスペラーズが加わったわけである。これがSakaiさんとの出会いである。

それでゴスペラーズのアルバムその時点で結構古くなっていたがジーテンを買ったのである。このアルバムは飛行中乱気流に遭遇したときに聞くと結構ビートが効いていい感じだ。それで乱気流の時に取り出してヨーロッパの行き帰りに聞いたりしていたのだが新しいボーイング787が登場してそのカーボンファイバーの構造であるが乱気流の時にゴスペラーズを聞くと実にいい感じなのである。
それから数年後にゴスペラーズの酒井さんが私に誕生祝いに新しいアルバムG20を送ってくれた。それもオンラインで送ってくれたものだから開き方がわからないで2年ぐらいそのままになっていた。一昨年の夏にiPadを新しくしたときに試してみたらようやくダウンロードできたのである。

今回の羽田河内の飛行は乱気流だったらいいなと思っている。ゴスペラーズ聞くのにはベストな環境であるからだ。

昨日は東京の渋谷で知り合いのアパレル関係のトップと近況報告会をやった。
その人は河内の出身なのである。ベタベタの河内弁である。ベトナムのハロウィンを漢字で表記すると河内であると言うことを言ったら彼はそのことを知らなかった。河内の人に会ってその翌日に別の河内に行くと言うのがなかなか気が利いていると1人笑っている。

その河内であるが最初に行った時は2000年であった。何かミレニアムの取材だった記憶がある。
リコーGRの前のR 30とか言うカメラで写真集を作った。そのタイトルがベトナムデジタル紀行と言うのだから時代を感じる。
最後に行ったのは2015年であるからすでに5年前である。その間に新しい交通システムが河内の南北を結ぶようになった。Google マップで見ると白い蛇が河内中心部をうねうねと張っているように見える。これが新しい交通システムなのだ。
でもお金をサポートする中国があまりお金を出さないのか
開通の予定がちょっと遅れているようだ。

日本も原発の売り込みばっかりではなくて交通を整備する方にお金を使えばいいのに。
10年ほど前にデリーでの地下鉄は素晴らしかった。これも日本のサポート援助で作られたそうであるが日本よりはるかにモダンなメトロを降りて上に上がると上はムガール帝国そのものなのである。こういうのって巨大なテーマパークですごいと思う。く

« オーストリアウィーン周辺部の工業地帯 | トップページ | 河内の南半分を歩く »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31