フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 上海で中国製ハッセルブラッドに遭遇する | トップページ | 🐦❤️3月11日は3月の寂しいライオンツアーです🐦❤️ »

2018年3月 3日 (土)

80年前のカメラがあまりに綺麗なので不幸な件

Img_5945

10年ほど前にエジプトのカイロに撮影に行った時にこのカメラを持っていった。同じモデルのカメラで汚いやつだった。激しくしようしたのでネームプレートのエンブレムの1部が文字が欠損したりした。機械的には何の問題もないのでそのまま使っていたがこの7 、8年カメラジャングルで紛失してどこにあるのかわからない。

それでもう1台手に入れたのだがこれが到着してびっくりしたことに非常に綺麗なのである。見たことのないオリジナルの革ケースと取扱説明書が付いていた。、 7、 8年ぶりに触るので使い方を忘れてしまった。ウェストレベルファインダーのルーペをどうやってポップアップするのかがわからない。
私はドイツ語が少しわかるのでドイツ語の取扱説明書を見た。ところがますますわからなくなった。細かい事の表示が説明書で間違っているのである。機械の本場ドイツ帝国らしからぬことで面白かった。でも80年前のことだから今更責任を追及しても仕方がないであろう。

問題は新品のようなそのカメラの程度のことである。私は根性なしだからそういう開封したばかりのような綺麗なカメラを使うのは気が引けるのである。だから汚いカメラを好んで使うようになる。 80年と言うのは非常に長い時間経過であって100年に20年足りないだけである。

特にびっくりしたのはカメラの本体の程度も良いのはさることながら皮ケースがまるで先月作られましたと言うように新品なのである。今までイタリアのカメラケースそれも戦後に作られたものなどは材質がいいと思っていた。ところが戦前ドイツで作られた革ケースがこんなに品質が良いと言うことにびっくりしたのであった。
😎

« 上海で中国製ハッセルブラッドに遭遇する | トップページ | 🐦❤️3月11日は3月の寂しいライオンツアーです🐦❤️ »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30