フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 広島のシーメンスの路面電車 | トップページ | パノラミックヨーロッパ »

2018年3月13日 (火)

ブラパチワークショップ報告足立区関原3丁目リスボン公園今昔

足立区関原3丁目リスボン公園今昔Img_6062

一昨年の2月であったと思うが足立区関原3丁目の私が名付けているリスボン公園に行ったら工事中で中に入れなかった。ここは私がリスボンに行く前の日などに行ってリスボンに行くための呼吸を整える大事な場所なのである。それで実際にリスボンに行くと今度は東京のリスボン公園が恋しくなってリスボンRossio駅の裏の高台にある細長い公園に行ってそこで東京から持ってきたワンカップの日本酒を飲んだりする。こういうユーラシア大陸上でのあっちとこっちの方向感覚の混乱を楽しんでいるのである。

ブラパチワークショップとして初めてリスボン公園に出かけた。その前の週にロケハンに行ったのだが大雨であった。撮影会とかワークショップはこれはエンターテイメントであるからやはり天気が良いほうがありがたい。

当初の予定ではリスボン公園のすぐそばの酒屋さんの自販機でしかカップを買ってそれでそばの惣菜屋さんで焼き鳥を買うと言う手順であったが焼鳥屋さんは日曜日が休みなのである。ところがありがたいことにこの前のブラパチ宿ではお店が開いていたお店の人に聞いてみたらたいていは日曜は閉めるのだが時々空いていることもあると言う。それでありがたい公園でのパーティーになった。

毎回参加者の皆さんのカメラをいろいろな場所に並べるのであるが今回は滑り台の店分に並べた。まさかこういう展示の仕方ができるとは想像もしなかったのでうれしい。つまりひと月遅れのひなカメラ祭りと言う感じがする。

昔のリスボン公園にはベンチが2つと子供用の遊具が3つしかなかった。それでお昼の時間になると近くで働いている人がお弁当を持ってきて座席の取り合いになるのである。ラッコが上向きになっているインカ帝国のいけにえテーブルみたいな格好の子供の遊具もあった。そういうところに大の大人が座ってお弁当食べているのは何か人間の本性は善人であると言う感じがしてよかった。

この公園の有名なエンターテイメントは隣に安い八百屋さんがある。そこのご主人がDJポリスではないがなかなか面白いトークをやってくれるのだ。私のCAMERA TALKなどよりずっとプロフェッショナルで面白い。でも日曜日は残念ながら閉まっていた。
Img_6063


« 広島のシーメンスの路面電車 | トップページ | パノラミックヨーロッパ »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30