フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 上海歩行 トロリーバスが迅速 | トップページ | 佃島の大ちゃん立石の大ちゃん »

2018年2月 4日 (日)

馬込 マチルダの丘公園

R0470702

この世界で見た場所はそれぞれ最低2つずつあるということをに痛感。何もショッピングセンターにスターバックスがあると言う意味では無い。

現代日本写真家展と言うのはドイツの公立の美術館をいくつか巡回したのであるがそれは1976年から1978年のことだった。そのドイツの巡回展は私は見ていないがその数年後にドイツのダルムシュタットに行ったことがある。
北井1夫さんのお手伝いでダルムシュタットのMatirdaの丘公園を撮影に行った。
ドイツ表現派の建築がある有名な場所であるがかなりの傾斜した土地に建てられている。

馬込の駅の環七沿いにちょっと行った急な崖の途中にある極めて小さい公園であるがそれがドイツのその公園に非常に似ているのだ。
公園の傾斜の1部を見ているだけでダルムシュタットの公園にいるような気がするのだ。そういうトリックというのはどういうものなのであるかと考えてみて思い当たることがあった。

NHKの美術のセクションの見学に行ったことがあって私はテレビドラマは全く見ないがその時朝のドラマで放送していたのが月島をテーマにしたものであったらしい。特に月島の西中通の看板とか赤い昔風のポストとかそういうものが小道具で作られてそれが闇の中に浮かんでいるのだ。それを歩ながら実際に月島の西中通で酔っ払って帰ってくるような芸術的感覚がもたらされる。

よど号がハイジャックされた時に韓国の空港に着陸してそこが平壌の空港であるように偽装するために慌てて共産主義的なオブジェをたくさん並べたと言う話を聞いたことがあるがこれは見破られたようであった。私などは観察力が不十分であるから適当なインチキオブジェを並べてくれればすぐに騙されてしまうタイプである。

« 上海歩行 トロリーバスが迅速 | トップページ | 佃島の大ちゃん立石の大ちゃん »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31