フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 湯島天神の存在は形而上学的である | トップページ | 吉村朗遺作展@yocto »

2018年1月19日 (金)

ニコライ堂はテーマパークである

R0471148

1月14日のブラパチワークショップで4番目に行ったところがニコライ堂だった。日本で有名なロシア正教会である。思い出したのは以前フィンランドのヘルシンキの有名なロシア正教会であった。この正教会はフィンランドで最大の規模を持つものなのだが何かコピー感覚がそこに感じられるのである。そのコピー感覚が何であるかと言えば例えばヨーロッパから成田空港に着いて都心にリムジンで向かっているときに現れるシンデレラ城である。

あれは全くいただけなくてもともとミュンヘンのノイシュバンシュタイン城でも私は苦手な位であるからそれをさらにコピーしたのはアレルギーが起きてしまう。その証拠に私は未だにディズニーランドには行っていない。

ヘルシンキのロシア正教会もそうなのだが様式だけが見えてしまうと言う感じなのだ。数年前に仕事でサンクトペテルブルグに行った。アレクサンドルネフスキーの修道院も訪問した。モスクワの周辺をリング状に取り巻いている1連の修道院の群れも取材して歩いた。これは黄金のリングと言うのである。
別にロシアが本物でフィンランドやニコライ堂が偽物と言うつもりは全くない。
でもロシアで宗教を保ってきたロシア正教会とコンドル先生が明治に作ったニコライ堂とはやはり違うように思える。

宗教的施設が異国でそれがテーマパークのように見えるというのは本来の宗教建築のあり方である事は間違いなさそうだ。😎

« 湯島天神の存在は形而上学的である | トップページ | 吉村朗遺作展@yocto »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31