フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« ソ連製の腕時計 | トップページ | 労働者階級には上流階級よりもピュアなプライドがある »

2018年1月15日 (月)

赤瀬川さんが好きだったライカの古い35ミリファインダー

Img_5602
赤瀬川原平さんがこの昔のライカの35ミリのファインダーについての魅力をいろいろなところに書いていらっしゃった。
その中のであったと記憶するが銀座Sanカメラで2つの同じファインダーがあって1つはとびきり高くて1つはそれよりちょっと安い。どちらを通うか迷っているときにそこに私がやってきたのだそうである。それで私は安い方が良いと進言したら赤瀬川さんはそれでは高い方にしますと言って高い方を買われた。当時このファインダーが非常に高くてちゃんとしたものだったら50,000円以上した。

ウィーンで古屋誠一に初めて会ったのは蚤の市である。彼は古いライカM3にこのファインダーをつけていた。それでそのことをよく記憶しているのである。

このファインダーは本来バルナックライカにつけるものであったのであろうが大きいのでバルナックタイプにつけるとアンバランスになる。エム型につけるのが良い。しかしライカエム2では最初から35ミリのフレームが付いているからつけるのはあまり意味がない。

このファインダーの最大の使い手は戦争写真家の澤田であった。彼はメガネ付きのSummiceon35ミリを使っていたのだがさらにライカの上にこのファインダーをつけているのである。それが戦闘的でかっこよかった。
私は腰抜けのライカ写真家だからファインダーのついていないライカつまりライカMDにこのファインダーをつける。でもそれは気休めのようなものであって実際にはファインダーを使わずに撮影しているからファインダーは見ないのである。

古い写真工業でアンリカルティエブレッソンが使っていたブラックに本人が手練りしたこのファインダーが登場した。その持ち主はブレッソンから譲ってもらったと記載されていた。不思議に思っていたのであるがニューヨークタイムスの25年ほど前のインタビューを見るとアンリカルティエブレッソン自身の言葉によれば自分は35ミリの広角レンズで写真をうまくとることができない。なぜなら自分は絵画の仕事をずっとやってきたから自分の目は50ミリ標準レンズになっていると言う意味のことを話していた。あーそれでブレッソンは35ミリファインダーを放出したのかと1人納得したことがあった。

« ソ連製の腕時計 | トップページ | 労働者階級には上流階級よりもピュアなプライドがある »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31