フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« ブラパチワークショップ12月10日開催はもうすぐ締め切りです | トップページ | いてふの樹燃える »

2017年12月 7日 (木)

コンバーチブルホーススーパーアングロン改

Img_5149
Niepsの開催したクリスマス市でコンバーチブルホースマンを手に入れた。スーパーアングロン47ミリがついた改造モデルである。本来のレンズは東京光学の62ミリなのであるがこれが性能がちょっと不満なのである。四半世紀前に銀座のカメラ屋さんでコンバーチブルホースマンに47ミリのレンズのついたのを求めた。

大辻清司先生が手元のパーツを組み合わせて同じようなカメラを手作りされたこともある。
大辻先生はこの手作りの超カメラでご自宅の隣近所を撮影し作品を作りそれをアサヒカメラに掲載されたのであった。

プラウベルマキナプロシフトと言うカメラを私は80年代に愛用をしていた。実際ボロボロになるまで使ったのである。同じく47ミリのシュナイダーのレンズが付いてこのカメラは若干シフトができた。

1年前に神田明神脇のギャラリーバウハウスで開催したプラハの写真展でもこのカメラを使った。
コンバーチブルホースマンはシフトができない。プラウベルプロシフトはシフトができる。両者を比べてみるとシフトができる方が便利そうであるがシフトができなくても別に不便で困ると言うことでは無い。

コンバーチブルホースマンはすでにパーツはたくさん手元にあるので全体の寿命が延びたと言うのが嬉しい。

« ブラパチワークショップ12月10日開催はもうすぐ締め切りです | トップページ | いてふの樹燃える »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31