フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« プラチナブロンドのしと | トップページ | CT70本日スタート A5ランクの写真家人生 »

2017年11月21日 (火)

Travelingサムソンのしと

R0470509
1980年にオーストリアウィーンから日本に帰国して富士フイルムのサポートを受けて東京のシリーズを撮影した。作品もいろいろなところで発表した。今にして思うと80年代の東京8x10撮ったと言うのは貴重な体験であった。その画像はもちろん今私の手元にある。

Yasuhiro Ishimotoさんと8x10カメラの路上での撮影テクニックについて40分近く会話をしたことがある。それは石元さんの個展の会場のエントランスなのだから実際に貴重な体験だった。結局撮影の時に持っていく機材をどのようなカバンに入れてもっていくかと言うことに終始したのである。

私は大型カメラの撮影ではもっぱらtravelingサムソンを使用した。クイックセットのプロフェッショナルな三脚であるがフルサイズのサムソンはちょっと重いし大きすぎる。そのサイズを半分にしたのがトラベリングサムソンである。カメラを載せるプレートがスクエアで大きいので大型カメラ向きである。

1日外を歩きまわって月島の駅に戻ってきたら前を歩く男性がそのtravelingサムソンを右手に下げているので非常に懐かしく思った。この三脚の持ち歩き方はこのように三脚をほんのちょっとだけ開いてそこをつかむと楽に運搬できるのだ。

時代が一挙に1,970年代に戻ったような気分でやる。クイックセットの三脚ではサムソンの上のクラスがハーキュリーズと言うやつでそのさらに上の1番重いのはジブラルタルと言うのである。

その名前の付け方がアメリカンで実にいい感じである。

« プラチナブロンドのしと | トップページ | CT70本日スタート A5ランクの写真家人生 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31