フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 60年ぶりに豊島園に行こうとしたらイタズラなフェアリーが豊島園を隠してしまった | トップページ | フリーダムな人生がすばらしい »

2017年11月18日 (土)

福神橋うらての不思議な公園  その2  

R0470136

福神橋公園の先にある不思議な公園の話の続きだ。 金属製のオブジェである。子供用の遊び用具である事は確かだ。ただ骨組み骨格しか残っていないのでそれが何であるかわからない。 よく見ると銀色のペンキの痕跡がある。銀色のペンキと言うものに私はノスタルジーを感じているのだ。チェコのプラハの路面電車の手すりがそうである。金属製の手すりなのにわざわざその上に銀色のペイントを塗り重ねてあるのだ。そして手入れが悪いからそれがはねかかっているところに私はかつての東ヨーロッパ大勢のノスタルジーを感じている。 新しいチェコ共和国になってからは路面電車は全部ピカピカの新品であるがごくたまに社会主義国の名残の電車に乗ることもある。それがいい感じである。 銀色のペイントでもう一つ思い出したのはポルトガルのコインブラの児童公園である。 そこには戦前の飛行機Fokkerのエンジンが3つ付いているのが展示されて子供の遊び場になっていた。 この展示用の飛行機もボロボロなので所々が銀色のペイントで補修されている。 その様子が気にいったのでポラロイドのSX 70で何枚か撮影をした。1980年の9月の話であった。 そういう過去の記憶がごっちゃになっているところにオブジェを見て昔の記憶が一挙に蘇ったのが嬉しい。

« 60年ぶりに豊島園に行こうとしたらイタズラなフェアリーが豊島園を隠してしまった | トップページ | フリーダムな人生がすばらしい »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31