フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« アストロベルリン800ミリのシッピングで苦労する | トップページ | オーストリアウィーンの初雪 »

2017年11月30日 (木)

ナチュラルローソンのグリーンカレーまんじゅうが辛い件

まんじゅうが辛い件Img_5088
私はテレビを見ないが家人の部屋にはテレビがある。それで街の噂話としてナチュラルローソンのグリーンカレー饅頭が非常に辛いと言う話を届けてくれた。それはそれでずっと忘れていたのだがある日の午前中にナチュラルローソンの前を通って急にそれを食ってみたくなった。

店内でキャッシャーの脇を物色したらいい具合に1個だけ残っていたのである。何を思い出したのかと言うとライカM3の軍用モデル緑色にペイントされたライカカメラのことである。

東西ドイツが統合された直後に旧西独のどっかの街を歩いていたらカメラ屋さんにオリーブに塗装されたライカM3カメラが1台だけ残っていた。まだドイツマルクの時代のことで値段を見たらかなり高いので買うことができなかった。そういう緑色の記憶が肉まんじゅうとライカカメラとでオーバーラップしてくるわけである。
1個だけ残っている緑色の肉まんじゅうを買うと言う事はレアなライカモデルを買うのとほぼ同じ意味なのである。この場合いっこしか残っていないというところが重要である。

買ってきた緑色の肉まんじゅうは家人と半分ずつ味見をしたがそれなりにおいしかった。しかし値段が150円と高い。今はもうない東池袋の名もなきころっけやの好きだったコロッケは50円であった。

そのように物価というのはどんどん上がっていくものである。肉まんじゅうで私が好きなのは北京の北のはずれの湖の脇にある清真レストランの豚まんじゅうではなくてひつじ饅頭である。

数年前はいっこが確か4元だった。あれをまた食ってみたい。

« アストロベルリン800ミリのシッピングで苦労する | トップページ | オーストリアウィーンの初雪 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31