フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

« 本物の偽物のライカ | トップページ | オリンパスワイドスーパーの露出計算ダイヤル »

2017年9月18日 (月)

改造ライカカメラと偽物エルマーレンズ

Img_4459

ライカエム6の時代だったと思うが当時ライカ人類がバカにしていたのはライカのポルトガル工場で作られたライカカメラであった。まだ原産地を重視すると言う考えがはびこっていたのである。
フランスワインのしゃぶり等はフランスの法律でその地域内で作られたものでないとしゃぶりと名乗ることができない。
でもカメラはOEMが普通の時代になってきたからもうそんな悠長なことは言っていられない。

このライカカメラは1型である。製造番号が50,000台なのである。それをライカの会社が改造して距離計のついたモデルにした。私が好きなのはこのように当時のクラシックならライカカメラはそのは製造番号だけが残っていて本体はダイカストであるのが好きなのだ。

大昔はこういう正式な改造ライターはコレクターは敬遠していたものであったが最近ではそのような純正の改造モデルを専門にコレクションするコレクターも登場した。面白いものである。

レンズのほうはソ連製のフェドについていたものだ。このフェドはモスクワのアルバート通りで買ったものだが金メッキがかかっているやつなのである。
それで写真ではちょっと見にくいであろうがこの偽物エルマーは金色なのである。

クオータリーのクラシックカメラ責任編集長やっていた時に私が書いた記事で本物のライカのエルマーレンズとこの偽物のエルマーレンズを同じ状況で撮影してさてどっちがどっちでしょうかとやったのであった。しかし性能が優れているからどちらも同じ位よく映るのである。

ライカの会社がOEMで狛江にあったシグマにエルマーの50ミリを製造依頼したときに若いファンの間でどよめきが起こった。
これはライカのレンズではありませんよねと言うのである。そんな馬鹿な事は無いライカがライカであると認めたらそれは世界のどこで作られてもライカレンズですと皆さんに申し上げてようやく納得してもらったけれど彼らの表情は半信半疑と言うところであった。

« 本物の偽物のライカ | トップページ | オリンパスワイドスーパーの露出計算ダイヤル »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31