フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

« ハンガリー製のレンズをライカカメラにつける | トップページ | ウィーン平和橋 »

2017年9月26日 (火)

Gegula Super Outfit

Img_4590
レンズシャッター式のレンズ間が可能なカメラが好きでたくさん持っている。1,950年代後半に交換レンズが非常に高価であった時代には結構市場で勢力となったものだ。

このカメラはしてシュツットガルトからさらに西に行ったフランスのストラスブールの国境の近くでつくられたカメラである。その会社名はキングと言うのである。

しばらく前取材でこのあたりを専門に歩きまわったことがある。Donau Essingenと言う小さな町がドナウ川の源流であると言うことになっているが実際にはそこから数キロ上流に行ったところに草原があってそこから草の間からきれいな泉が湧き出していたそれが本当のドナウの源なのである。

フランスが近いなと言う感じよりもここら辺は戦争でフランスになったりドイツになったりしていた地域である。

このカメラはレアなカメラと言うわけではないが1,950年代に正式に日本に輸入された事はなかった。当時の西ドイツマルクは非常に高かったから代理店の商売にならなかったのであろう。
キングの会社は自社のレンズを持っていないからそれはOEMでレンズ専門メーカーに発注していた。スイスのアルパもそうだがこれは普通の状況であった。

このカメラのデザインを見て非常に派手な縦型のドレッドが目についた。以前似たようなカメラを使っていたことがあるなぁと思ってよく考えてみたら1947年にベル&ハウエルの作った当時700ドルもした超高級スプリングモータードライブ式カメラフォトンとデザインが似ているのである。

高級カメラではないにもかかわらず仕上げが非常に良いと言うのがこれはカメラを手にしたときに満足と言うよりもむしろ不気味な感じがする。それでこのカメラを使いたくなる。

カメラ本体とレンズ3本のアウトフィットを使ってみたら意外と良いのでもう1台スペアボディがないと戦場では困るので探していたらeBayでギリシャのアテネにカメラ本体だけ売っていた。

それを注文したらあっという間に届いてパーセルにはギリシャの偉人の切手がたくさん貼ってあった。こういうのはいいですね。

しかもギリシャのポストは非常に速い。ドイツが1番遅くて4週間ぐらいかかったりする。しかも郵便料金はギリシャの2倍なのである。

アテネオリンピックの1年ほど前にギリシャに取材に行ったことがある。大型カメラでパルテノン神殿とかゼウス神殿などをとっていた。1年前と言うのにオリンピックのポスターも何もないのでやはり古代オリンピックそして近代オリンピックのギリシャは偉いなと思った日本のような馬鹿なおもてなしなどがないのがいかにも本格的であると思った。日本人から出国するときの税金を取る言う馬鹿なこともない

アテネの国会議事堂のほとんど真向かいに中古カメラ店があるのである。まぁ日本でも赤坂見附に中古カメラ店があるようなものだがそれは不思議ではない。面白いのはそこはソ連製カメラを結構持っているので撮影の時ほぼ毎日遊びに行って油を売っていた。そうすると隣から店の主人がコーヒーを運んでくれるのである。

カメラ付きの常連さんも集まってそこで話題になったのはギリシャ製の35ミリカメラの話だった。つまりアテネライカである。話を聞いてみるとそれを実際に見た事のある人がいなくて噂なのである。でも結構確実な噂で35ミリのレンズシャッター式のシンプルなカメラであったそうだ。名前は聞いてメモしたが忘れた。アゴラとかアガペーとか言ったのではなかろうか?

« ハンガリー製のレンズをライカカメラにつける | トップページ | ウィーン平和橋 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31