フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

« バルセロナのランブラス通り | トップページ | ゆっくりした夏の日々 »

2017年8月20日 (日)

戦争写真家バローズのライカカメラ

Img_4021


Img_4019

英国出身の戦争写真家ラリーバローズが移動中のヘリコプターで北ベトナム軍にラオスのジョークで撃墜された。同行の数人の戦争カメラマンもなくなった。

1971年のことであったが当時の日本でもわりと大きなニュースとして報道された。ラリーバローズの風貌を私は当時から知っていていつも不思議に思ったのは戦争写真家にはふさわしくないインテリジェンスな風貌だなと思っていたのだ。

にもかかわらず 3回のロバートキャパプライスを受賞している。我々が戦争写真家に対して持っているイメージはロバートキャパのような1種の鉄砲玉なのである。Khmer Rougeにやられた一之瀬にも似たような風貌があった。

ニューヨーク在住の調整さんがそのラリーバローズが持っていたメルトダウンしたライカの画像をメンションしてくれて私は言葉を失った。

これではライカの会社のポジティブな宣伝にはならないのである。ジェット戦闘機が数万フィートの上空をを飛行中に地上に落下したライカカメラが回収されてまた使えるようになったと言うのはポジティブなインフォメーションである。しかしこのラリーバローズのライカは完全に溶けて何か陶磁器のような感じになっている。サルバドールダリがイメージしたライカカメラでもある。ライカカメラが保存している飛行船ヒンデンブルク号の火災をくぐったライカカメラは米てはいるがこのような激しいダメージが見られない。

バローズの乗っていたヘリコプターは北ベトナム軍の対空砲にやられた。
私には皮肉な出会いがあった。
2000年のミレニアムの年に私はハノイから激戦地Hueを経由してホーチミンシティーまで旅をしたのである。そのハノイから当時の軍事境界線までのセクションはボロボロのハイエースで旅した。私はベトナム語はダメなので英語の通訳さんが同行してくれた。彼は1977年生まれだからまさにベトナムがアメリカに勝利した新人類なのである。

ハイエースのドライバーさんは聞いてみると北ベトナム軍の対空砲を担当する少年兵だったそうだ。
その人は運転中に闇夜でもちゃんと目が見えるのである。すなわちラリーバローズを撃墜した可能性のある対抗勢力と言うことになる。

塹壕のそばで休息しているバローズの写真を見ると彼は二台のライカカメラと二台のニコンカメラを脇に置いている。インドシナの土の上に直接カメラを置くと言うのは戦争写真家のルールだな。

彼はElmarit28ミリ愛用していた。 4台の1番左側にあるカメラがそれだ。ニコンの一眼レフには135ミリと200ミリがついているようだ。近代の戦争写真家の元祖ロバートキャパは50ミリレンズでがんばっていたが戦争が激しくなるとダグラスダンカンはそれに135ミリ200ミリの望遠レンズが加わった。

ラリーバローズも同じ時代の戦争写真のレンズの選び方をしている。

ラリーバローズのネガティブな噂としてはロバートキャパがノルマンディー上陸作戦で撮影撮影した数本のフィルムを乾燥中に事故で燃やしてしまう。これは事実無根のことであって実際にはダークルームの作業者がやってしまったことなのだ。
バローズはベトナム報道写真のスーパースターであったからそのようなやっかみの噂が生まれたのであろうか。

« バルセロナのランブラス通り | トップページ | ゆっくりした夏の日々 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30