フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 空港のエックス線検査の問題 | トップページ | スターリン印のバターケース »

2017年8月14日 (月)

ウィーン 天使薬局でリップクリームを買う

R0440055

古い都ウィーンの私の散歩道をテーマにした写真展が昨日千秋楽を迎えた。多数ご来場感謝お買い上げ感謝。 京橋のアイランドギャラリーで開催したにかいのトークショーやって最初のトークショーも満員であったが2度目のトークショーは超満員だった。 さして広いとも言えないアイランドギャラリーにあんなに人が入れるのかとびっくりした。座って話しているときは気がつかなかったがトークが終わって皆さん立ち上がったらなんというか新宿駅のラッシュの時の電車の混み方のようなのである。 でも混みすぎて人の頭しか見えないって感じの私の写真が見えないと言うことではなかったので一安心だった。 カイザーフランツヨセフがまだ若い頃に市内を散歩していてハンガリーの暴漢に襲われて間一髪で助かったしかし深い傷であったとかと言う話をした。当時は安全管理の認識がないから世界帝国のトップがたかだかお供を1人連れて散歩に出かけるなどと言うのは狂気の沙汰である。 カイザフランスヨセフは不幸な人であって奥さんはスイスでテロリストに殺されるし弟さんはメキシコで革命軍に殺されるし息子さんは愛人と心中してしまう さらに皇帝の後継者は夫婦で暗殺されてこれが第一世界大戦の発端になっている。 この街は皇帝から市民まで街をぶらぶらするのが好きであるがその理由というのが旧市街つまり昔のwin時代は街が狭かった住居の環境も劣悪であったから外に歩きに出ないとちょっとやっていられないと言うところがあった。 winは喫茶店の文化であるがこれもそうで狭い家でじっとしているより広いカフェでゆっくり新聞を読んだりした方が良いに決まっている。winの独特の文化散歩とかカフェ文化と言うのはそういう悪い環境から発生したのではないかと言う話をした。 winの皇帝のお城のエントランスのわりと近くにあるこの天使薬局は昔から好きですでに半世紀近くこれを見続けているがその間に3回大きな回収工事があった。 非常に美しいモザイクである。何十年も前を歩いて写真ばっかり撮っていて何も買い物したことがないのは我ながら申し訳ないと思ってこの前マイナス10度の冬のウィーンにで初めて店内に入ってリップクリームを1つだけ買ったのである。 これで長年の申し訳ないと言う気持ちがいくらか緩和されることになった。 エディターの具合が悪くて行を改めることができない状態になっています。すみません。

« 空港のエックス線検査の問題 | トップページ | スターリン印のバターケース »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30