フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

« 北朝鮮の米 | トップページ | ゆっくりした夏の日々 »

2017年8月19日 (土)

バルセロナのランブラス通り

バルセロナのランブラス通り仕事で1ヵ月近くバルセロナに行ったことがある。リッツホテルに宿泊していたと言うとびっくりされるがバルセロナのは系統が何か知らないが安いホテルである。不思議だったのは水道の水が塩辛いのでそれで毎朝飲むコーヒーが砂糖を加えると何かおしるこのような味になったことだ。今はどうなっているのだろうか?

日本の仕事が終わって別のクライアントの仕事を待つ数日間の間にランブラスのプロムナードを行ったり来たりした。ここは結構治安の悪い所で通の1番海沿いのところで女子大生に助けを求められた。置き引きにあったのである。パスポートの再発行で大使館に申請して身元保証人になってあげた。盗難の証明書などはその通に警察の大きなワゴンが止まっているからそこで発行できるのであるが何が便利すぎて気持ちが悪い。

海岸の方からラムグラスを上って左側winと言う名前の喫茶店があった。これはお店全体がステンドグラスでできているような不思議なカフェなのである。
毎日そこにでwin風と言われるミルクコーヒーを飲んだが本場のそれとはかなり違う。スペインとオーストリアはかなり離れているからそういうことも当然起こるのであろうと思った。ハプスブルグ家の頃はインターネットもないしね。

ある日の午後その店のカウンターに座ってコーヒーを飲んでいたらすぐ脇に座っていた若い男がいきなり立ち上がってすごい勢いで逃げていった。何が起こったのかと見ると彼は肘をついてカウンターのステンドグラスを壊したのである。

毎週水曜日と土曜日であったかランブラス通りの中ほどの広場で蚤の市があった。そこに100年以上経っているパノラマコダックで撮影したプリントが大量に売られている。それが欲しかったのだがその時は撮影のスタッフと一緒だからそんな馬鹿な事は言えない。

あのパノラマ写真を買い逃したのは今でも残念である。

バルセロナのランブラス通りでひどいテロが発生したのでそんなことを思い出した。写真は朝日新聞。Img_4040


« 北朝鮮の米 | トップページ | ゆっくりした夏の日々 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30