フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

« 戦争写真家バローズのライカカメラ | トップページ | マンハッタンでひまわりの長さを測る »

2017年8月21日 (月)

ゆっくりした夏の日々

夏の日々Img_4088
ゆっくりした夏と言うのは1,970年代終わりに独立系のグループが制作した劇場上映の映画である。スーパーエイトで撮影したの劇場用の35ミリにブログアップしたモノクロの作品だった。それはwinの目抜き通りの大手の映画館で 数日だけ上映されたのである。

鵠沼のブレッソンがこの前のアイランドギャラリーでの私のトークの写真を数点送ってくれた。それを見て最初に浮かんだ言葉というのがその数十年前の映画のタイトル ゆっくりした夏 なのである。深層心理がこんがらかっているからそういうことになったのであって理由はよくわからない。

鵠沼のブレッソンは数年前に脳梗塞を患ってその後遺症でブラパチ写真などをすると体がしびれてくるそうであるが今回私のトークの前の2時間の歩行はそのしびれが出なかったので本人びっくりしていた。これも1種の治療の方法になるのであろうか?

そのスナップ中に私が中央通りの角を曲がってギャラリーのほうに行く後ろ姿を彼が撮影している。路上に誰もいないのがいい感じだ。

もう一つの写真はせっかく遠くから来たのでお土産に私が彼に贈呈したのがパリに持参した使い古しの我楽多屋のトートバックハリネズミサイン入りだった。

そのトートバックは鵠沼の彼の邸の今は亡き母上の英国文学の部屋の中央のマントルピースの上に飾ってある。
並んでいるのが私の写真だったり上の大きな洋服屋さんのポスターは彼の父上が千代田区で大きな洋服店を営んでいたときの名残なのである。

Facebookのアラートで田原桂1さんの誕生日が8月20日であることを知った朝であった。
そこに鵠沼のブレッソンからマントルピースの上の私の写真が来たので何かそれが遺影のような感じがした。
考えてみれば写真家は日々死んでいるわけだからそれで問題ない。

ゆっくりした夏が過ぎていくのである。

« 戦争写真家バローズのライカカメラ | トップページ | マンハッタンでひまわりの長さを測る »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30