フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

« 私の散歩道ドナウカナルの夕暮れ | トップページ | ストラップのつかないカメラの方が実は かっこいい »

2017年8月10日 (木)

1958年11月3日土曜日

Img_3971
小さな鉛筆で描かれた絵である。1,958年11月3日土曜日と記載がある。裏側には消しゴムで作られたスタンプめいたものが押してある。

自転車に乗っているのは多分その当時の自分であろう。ストローハットをかぶってよく見るとカメラ
ぶら下げているようだ。カメラの形は見えない思い出すに当時私はニコンエフ使っていた。

光景は田園の風景でポプラであるが何かかわからないが3本の大きな木が立っている。
その背景の地平線は 右手が高くて左が低いから岡であることがわかる。想像で書いたのだがヨーロッパにはこういうところがある。オーストリアウィーンの郊外のようにも見える

空には鳥が飛んでいるがその足の格好が変である。
自転車の自分のその自転車の形を見るに後ろのタイヤが丸ではなく三角形に見える。

それを見ていていきなり思い出したのはこのイラストを書いていたときの自分の古い記憶がいきなり蘇ったことだ。つまり完全に円形の車輪を書こうと思って最初に前の車輪を書いて次に後ろの車輪を書いたらそれが歪んでしまったのだ。
そのことをちゃんと記憶しているのだから人の記憶と言うのは実に不思議なものである。

背景の木の葉っぱが非常に細かく書き込まれているのもやはり変だと思う。
ゴッホの有名な風景画で糸杉を書いたやつがあるがあれを思い出す。

オーストリーのwinに住んでいた時もマンハッタンに住んでいた時も私は小さなスケッチブックを持って街の風景を描いていた。それはすごくシンプルなスケッチとも言えない単に線を書き殴っただけなのであるがそういう事は長いことやっている。

でも11歳の頃に描いたこの画を見ると1番仕事としては丁寧なようである。

« 私の散歩道ドナウカナルの夕暮れ | トップページ | ストラップのつかないカメラの方が実は かっこいい »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31