フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

« 飛ばす81系統早大正門前渋谷駅循環 | トップページ | 私の散歩道 ウィーン岸辺のマリア教会 »

2017年7月 8日 (土)

メトロ麻布十番乗り換えで道をロストする

1974年からパリのメトロにはずっと乗っているから今では大体地図を見なくても乗り換えてどこにでもいける。

パリのメトロの乗り方は終点の駅の名前を覚えておけば良い。しかし私は英語遣いでドイツ語使いだからフランス語の地名というのが実はよくわからない。
だからパリのメトロの行き先を目で確認して口では発音しないでドイツ語読みで頭に刻んでいる。
パリに数あるメトロの駅でフランス語もドイツ語も英語も読みが同じなのはただ1つスターリングラードぐらいなものである。

いつも東京で困るのはメトロや電車とか駅の構内の行き先表示版が風正しく表示されていないことにある。

例えば地下通路を進行していてその先が3つに分かれているときにヨーロッパの表示板は非常に明快である。それに対して東京の表示版はどっちに行って良いのかわからない。つまり運転で言えば3つに分かれるときにその前にどの車列につけたら良いのか分からないと言う意味だ。
それで大混乱するのである。

パリのシャトレの駅はかなり大きいから端から端まで歩くと15分ぐらいはかかる。
麻布十番の駅はそれほど大きくはないが東京メトロと大江戸線は非常に離れている。その離れている2つの連絡通路をトコトコ歩いていると私はいつもシャトレとかバスチーユの乗り換え口を歩いているような気がしてこれはなかなか楽しい。

麻布十番の外人スーパーマーケットで買い物して大江戸線で戻ろうと思った。地下に降りてから大江戸線と言う表示の通りに歩いていた。そしたらエスカレーターを2つほど乗り継いで挙句の果てにまた地上に出てしまったのである。

東京の交通システムはオリンピック前にいろいろ改善されているようであるが1番改善の必要があるのはトランスファーの案内版である事は確かだ。一般の通勤客は体で覚えているから表示など見る事は無いであろうが私のように数年ぶりに来たりすると表示で迷うのである。これでは国際都市としては落第だ。

つまり大江戸線に乗るために地下に降りて大江戸線の案内の矢印を打っていたらまた上に出てしまったと言うことなのでこれは狸穴のたぬきに騙されているのだと思った。

もう一回地下に降りると今度はどこに騙されて出されるか知らないので麻布十番のバスストップから新橋行きのバスに乗った。Img_3599by Totsugeki


« 飛ばす81系統早大正門前渋谷駅循環 | トップページ | 私の散歩道 ウィーン岸辺のマリア教会 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30