フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

« ライカM2 木星玉 | トップページ | 窓からの眺め »

2017年6月16日 (金)

50年間モノクロ写真をやっていてわかったこと。

Image2

京都のギャラリーメインで私のモノクロームの半世紀の展示が始まった。
まず空前絶後の展示であって50年間の自分の走ってきた方向が生で見られると言うのは私自身が1番興味があるのだ。

もちろんそれは私の傑作写真集なると言うクラシックな価値観ではなくてそれぞれの10年ずつのポイントで私が光に対して銀塩のテクニックでどのように反応してきたかと言う純粋なドキュメントなのである。

1967年から本格的にモノクロ写真をやっている。そのきっかけはフォコマートの引き伸ばし機を手に入れたことだ。
以来ずっとフォコマートを使ってきた。それで膨大な量のプリントを作った。

写真家ヨセフクーデルカによると彼のジプシーのポートレートで70年代にスイスカメラに掲載されたその中のコメントであるが昨年は自分はプリント作業を怠けていて普段は7,000枚ほどプリントするのだが昨年は5,000枚しかプリントできないかったなどと言っている。非常にストイックな人である。

プリントの量が写真の質を上げるかどうかと言う質問はここでは置いておくが、プリントをたくさんしてたくさん失敗する事は少なくともその写真家の技を磨くことにはなるだろう。

今回の京都のギャラリーメインでの展示では1,960年代から始まってほぼ10年ごとにセクションを区切ってそれぞれの時代のモノクロームの代表作を展示すると言う構成にしてある。

ゼラチンシルバープリントの何が良いのかという素朴な筆問がある。

一般的な回答と言うのはモノクロームのグラデーションは非常に豊かであってデジタルカメラ等は及ばないと言う言い方だ。

これは実は嘘である。

以前辣腕の編集者と写真の話をしていて彼はかなり初期から実はデジタルプリントよりもゼラチンシルバープリントはそのトーンにおいては劣るのだけれども、だから良いのだと言う意味のことを言っていた。これはなかなか鋭い視点である。

プリントの巨匠アンセルアダムス等もそうであるが、彼は自分の経験値から自分のプリントテクニックを作り出しているのである。

デジタルプリントのトーンカーブとはもともと違う世界なのだ。
いわば出たとこ勝負で、やっつけ仕事で、で丁半賭博のようなところがある。それが面白いのだ。

今回の5つのセクションの最初の部分は1,960年代後半に東京で撮影したものである。
これはこの春パリでも個展をやらせてもらった。
プリントはモダンプリントであるがずいぶん力を入れてプリントをし過ぎたので、もうちょっと手控えればよかったと思っている。

私のプリントの癖はどうしてもコントラストを高くしてエキセントリックに伸ばすのが好みなのである。

寝ぼけたような調子の眠いプリントはせっかくの高価な銀を浪費しているように思えるのだ。

ゼラチンシルバープリントはいわば小説家の生原稿のようなものだ。

岩波書店の保管物で夏目漱石の生原稿を見たがあれには感動した。
一字一句間違えのない素晴らしい文字がびっしりと400字詰めの原稿用紙に並んでいてそれが数千枚もあるのである。すごいなと思った。

私にとってオリジナルプリントと言うものの目指すところは、そういう文豪の生原稿なのである。

Img_3338PRAHA 1985


« ライカM2 木星玉 | トップページ | 窓からの眺め »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30