フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

« 東京都文京区音羽1960年代 | トップページ | ご愛機がオートマットでないと恥をかきます »

2017年5月15日 (月)

文京区関口の原爆の樹木

Img_2801

6月の14日から開始される京都のギャラリーメインで今回展示する作品のうちの3点のヴィンテージプリントの1枚がこれだ。

日大芸術学部写真学科の卒業制作のアルバムにもこの作品は含まれている。私が気になるのは何十年も前の写真学科の卒業制作が水洗が悪いのでもう色が変わっているのではないかということだ。若いやつに調べてもらいに行ったらまだちゃんとしているそうである。
ありがたいことである。

この巨大なえのきだと思うがそれに寄生樹がくっついているのは、私が生まれ暮らした文京区音羽の界隈では最も有名な私にとってのランドスケープであった。

大体えのきの木とかケヤキの木と言うのはモノノ怪がついて狐狸妖怪つまり狐や狸がそこに住んで悪さをすると言う事は江戸時代からの記述によく見えている。

幕末に麻布にあった俗に言う「お化けえのき」などは非常に大きな樹木であったそうで幕末を記録した外来の写真家フェリーチェ ベアトーの作品の中に見えている。

この樹木は関口の東京カテドラルと独協大学の間を通る狭い小路にあった。
原爆の樹とは勝手な私のイメージなのであるが周囲からもうまい名前をつけたとほめられたものであった。

その原爆の樹をちゃんととろうと日本デザインセンター時代にアシスタント仲間の遠藤知有から大判カメラのジナーを借りてきたこともある。当時のアシスタントは薄給であったから遠藤がなぜジナーを持っていたのかは未だにわからない。おそらく月給の20倍はしたと思われるからである。多分亡くなったおばあさんの遺産が入ったのであろうか。

金属ケースの大きなのにに入ったジナーをこの現場まで持ってきてジッツオの三脚に乗せてエクタクロームで撮影をした。スーパーアングロン90で撮ったのが結果は惨憺たるものであった。
当時はまだ駆け出しだから大型カメラの使い方を知らなかったのである。

この35ミリのモノクロームは10年以上前に出した私の写真集「チョートク@ワーク」にも掲載されている。

このオリジナルの巨木は伐採されてしまって以前はそれがすごく残念に思ったのである。ところが10年位前にこの小道を通ったら誰が植えたのが小さなえのきがそこに枝を伸ばしていた。
もちろんこのような巨木ではないし何のヤドリギもついていないがこれからが楽しみである。

発見されたヴィンテージプリントと言うのはおそらく三菱製紙の月光と言うブランドであると思う。当時はこれが写真学生が使うトップブランドの印画紙であった。それとこのヴィンテージプリントはシングルウェイトのペーパーなのだ。

当時は学生の間でもシングルウエイトのペーパーが大流行であって分厚いダブルエイトのペーパー等はあれは写真館のような遅れきった連中が使うものだと言う認識があった。若気の至りとは言いながら情けないことである。
だから今回のギャラリーメインでの展示では3点のヴィンテージ以外は全てモダンプリンのダブルウエイトのペーパーである。

しかし尊敬するチェコの大写真家ヨセフスデクの作品を研究してみると彼の仕事はほとんどがシングルのペーパーでプリントされている。
1部の人には知られていることであるがスデクが購入していた印画紙と言うのはこれは今はもう存在しないけれどもいわゆるサープラスの品物を扱う店で買っていたのだそうである。

« 東京都文京区音羽1960年代 | トップページ | ご愛機がオートマットでないと恥をかきます »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31