フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

« 30年ぶりに自分でモノクロフィルムを現像する | トップページ | パリの極東から来たホーボー »

2017年5月 8日 (月)

歩いても歩いてもメダリスト。歩いても歩いても富久町。

Img_2666

PASMOオートチャージするときに例えば10,000円を入れて10円だけチャージすると言うやり方があるらしい。
我楽多屋のにだいめさんがそのことを書いていたので不思議に思って取材に行った。
要するにお店のお釣りに困るのである。
銀行と言うやつは高い利息をとっていい商売をしているくせに休みばっかりである。それで東京メトロのPASMOに救われていると言うのは我楽多屋さんだけではなく近所の飲食店さんもそうだと聞いた。そのそのうちに有料になるかもしれないねと言ったら、にだいめさんは肩をすくめていた。

でも売り手の釣り銭切れの問題に対して買い手の方からすれば、例えば10,000円札はなけなしでゴールデンウィークに持っていたのだからこれで思い切って買い物しようと言うのは清水の舞台から飛び降りたようなものである。

飲み友達の浜ちゃんがそこに来て予約しておいたコンバーチブルホースマンを手に入れて満足していた。このカメラはあたしの義理の弟が愛用していたカメラで彼は東京都公害研究所に勤務していた30数年間ずっとこれを保持して趣味の写真に使っていたのである。
私もこのカメラは半世紀近く使っている。

要するにここまでいってしまうともうすでに古くならないのだ。新型のデジタルカメラと言うのは何か新しい性能を入れなければいけないと言う強迫観念で新製品ができているから、要するに競馬の鼻の差で勝利と言うようなものなのであろう。そーゆーハナノサの写真判定はしらける。

買取名人が出場してきて今日届いたカメラを見ろと言うので拝見に行った。
きれいな中判カメラが3ダースぐらい並んでいる。その中でコダックの有名なカメラ、メダリストの1型から二型までずらりと整列しているのにはびっくりした。

どれも去年の末にイーストマン・コダックが作りましたと言う位きれいなのである。
数えてみたら全部で10台あったのでびっくりした。メダリストは私も好きなカメラであるが持っているのは1台のみである。これだけたくさんのメダリストが整列したと言うのは北朝鮮のパレードの軍事訓練のような感じがしてゴージャスである。

歩いても歩いてもメダリストというフレーズが頭に浮かんだ。
それで考え直して曙橋から北のほうの岡に分け入ったのである。

場所は新宿区富久町である。
私は永井荷風の実家があった余丁町に行きたかったのであるが富久町は異常に広いのだ。
歩いても歩いても富久町なのである。
結局1時間ほど富久町を徘徊してその末に抜け弁天に出た。

« 30年ぶりに自分でモノクロフィルムを現像する | トップページ | パリの極東から来たホーボー »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30