フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

« 神田川の時間に流れ行く風景 | トップページ | ミシガン1987 »

2017年4月20日 (木)

マイクロSDの取り扱いに苦労する

Img_2453
老写真家から老人映像作家に転向した。

と言うよりも今流行なのはいろいろなことができますと言うのを並べることらしい。
だからその意味では写真家で作家で映像作家でホーボーもやってますと言うことになる。以前あるカメラ
某メーカーの偉い人が私をさして「旅人ですね」と言ったがこの言葉は安いテレビの番組みたいで嫌いである。
旅人よりも徘徊者そしてホーボーになりたい。まずパリの10日間でメトロに乗らないという行動はその資格があると思う。
まあ、方々を見て歩けるわけです。

それで愛用しているのはもっぱらこの偽5プロである。使い方にかなり習熟してきたので面白い画像が撮れる。使い始めて10ヶ月になった。値段は5,000円で全部の付属品がついていた。すごいね。

最大の問題点はマイクロエスディーカードにある。

何世紀も前に伝書鳩を軍用で使っていたときにはいかに小さな文字を軽い紙に書いてそれを鳩に持たせるかが研究の課題であった。軍用の鳩は国策の重要なポイントであった。

10年以上前にその当時はパリでホテルのテレビを見ていた。これは中東情勢が沸騰していた時代である。その時にフォックステレビが中東で銃撃に合ったライブをやっていた。その隣のチャンネルを見たら伝統の伝書鳩の話でこれが面白かった。別に中東情勢で伝書鳩を使っているわけではありません。

メモリがこれだけ小さくなると膨大なデータが移動できる。マイクロSDメモリーを最初に目にしたのは6年ほど前にiPhone5を手に入れたときになぜか同梱でマイクロSDメモリーが入っていた。当時はそれを何に使うのかもわからなかった。

マイクロSDメモリは便利なのだがなくすリスクが非常に大きい。だから1番安全なのはデバイスに入れっぱなしにしておいてそこから出さないのに限る。

この偽)5プロの場合もカードスロットの内側にバネが仕込んであるらしく下手に取り出すとちょうど蚤がはねたようにカードが飛び出してどこに行ったのか分からなくなる。これを屋外でやったらまずアウトであろう。そういうわけでマイクロエスディーの保管場所と言うのは結局私の場合偽ゴープロの内部が1番安全なのだ。

蚤で思い出した。
蚤の市を日本でフリーマーケットというのが何故かわからない。とんでもない誤訳であろう。

« 神田川の時間に流れ行く風景 | トップページ | ミシガン1987 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30