フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

« 🇻🇳CT70計画 6/10大集会 と 私家本ウインの写真集のこと | トップページ | マイクロSDの取り扱いに苦労する »

2017年4月19日 (水)

神田川の時間に流れ行く風景

Img_2444
子供の頃の私の行動半径は音羽通りから南に下ると江戸川橋がその限界だった。

小学校高学年になってから山吹町にある学習塾に通うようになったのでその範囲は少し広がった。さらに中学生になって行動が、さらに広がって新江戸川公園のあたりまでいけるようになった。

そっちの方面まで遊びに行くと言う形になって新江戸川公園のあたりにある肉屋でコロッケを買うなどと言う悪いことを覚えた。

この知らない街でコロッケを買うと言うのは、私の町歩きの基本になっているらしい。
例えばリスボンでも旧市街を歩いていてあの先にある川のそばのバーでコロッケをいっこつまんでやろうなどと考える。ただし少年の頃と違うのはそこにいっぱいのグラスのビールが加わることだ。
だから偉大な詩人フェルナンドペソアだって案外リスボンの旧市街を歩きながら3つ先の角にあるバーのコロッケのことを考えていない事は無いのだ。

先日、この辺つまり神田川の付近をうろうろしていて私は無意識のうちに少年時代にすでに失ったコロッケ店を自分の方向感覚として探していることに気がついて面白く思った。

この街角は私の知り合いの猫が住んでいるマンションの辺りである。茶猫横丁にも非常に近い。

知り合いの猫の兄弟は実際には会ったことがなくてFacebookで見ただけなのだがそれはそれで良い。知り合いの鳥とか猫とか犬などは実際に会っていなくてもFacebookであったような気になっている。いやそのように実際に会っているのである。

久しぶりにこの街角に立ったら自転車屋さんの手前の角地が売地になっていた。これは私の風景では大きな変化であった。そして私の好きな自転車屋さんを久しぶりに眺めた。この店には美学があってお店の日よけがほんのわずか左側に下がっているのである。
私がいつも提唱しているところの「左下りの日よけの美学」ですね。

でも親しみ馴染んだこの街角で私が1番びっくりしたのは、私が好きだったオブジェがなくなってしまったことである。
奥のほうに見える8階建ての新築マンションがそれなのだ。
かつてはボロボロの平屋建ての木造建築でそれを雨漏り防止のためにビニールでカバーしていたのだが、そのビニールが雨風によってバラバラにちぎれているのである。
その家の前に立って私はその風とシンクロして動くビニールのすだれを見るのが好きだった。これこそこの界隈の私にとっては重大な愛すべきランドマークだったのだ。
それは永久に失われてしまった。

Img_2493

❤️2年前のショット。中田ぼたんかなさん提供。

« 🇻🇳CT70計画 6/10大集会 と 私家本ウインの写真集のこと | トップページ | マイクロSDの取り扱いに苦労する »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31