フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

ロック ユー

« SORTIL PARIS ブレッソンさん二つ星 田中さんひとつ星 | トップページ | CDG空港からPARIS北駅がやすくなった謎 »

2017年4月11日 (火)

カセグレン式グリンピース 光学性能高し

Img_2372


昔から光学少年であったあたしにしてみると反射望遠鏡は憧れの的であった。

カセグレン式反射鏡と言うのもある。
稲垣タルホが明石に住んでいた時代に子供らを集めて怪しげな天体望遠鏡を持ち歩いて火星や月を見せたりしていたそうだが、本人の証言によればそれは5センチの反射鏡であると言う。すなわち玩具めいたものであったのであろう。

カセグレンの反射鏡に手を加えて視野を大きくしたのがシュミットカメラであった。少年時代に読んだ天体望遠鏡の本では手間がかかるので非常に高価であると書かれていた。

レフレックスニコールが登場するずっと前に反射鏡レンズで有名なのがソ連製の2種類のレンズすなわち500ミリと1,000ミリであった。
アサヒカメラの作品で外人カメラマンでこの2つのレンズを使って撮影した自動車レースの写真があってそれにはテクニカルデータとして反射傘で撮影したとあった。レフレクターをそのまま誤訳してしまったのである。
アンブレラで写真が撮れるのかと少年の私は首をひねった。

先日のパリでのワークショップで類似店長が教えてくれたのがインビツインギャラリーのすぐそばにある秘密のパサージュである。
私はワルターベンヤミンのファンなのでパサージュ論を持ってパリに行ったのだ。 類似店長からとベンヤミンで話が盛り上がった。
そのパサージュは120年前の向島のような植木が立て込んだ細い緑の多い路地なのであるが、そこにあるこうもり傘の直し屋さんと言うのは今ではパリに一件だけある特殊なお店になってしまったそうだ。これもアンブレラであることには違いない。

毎日買い物に行っていた市場で見つけたのがこのグリンピースの缶詰である。手に取ってびっくりした。そのブランドをカセグレインと言うのである。カセグレンは光学系のタイプの名前だとずっと思っていたのでまさかグリンピースに同じ名前があるとは考えてもいなかった。

それでカセグレンとは人の名前であると言うことに思い当たった。それで連続して私の頭脳の中から発掘されたのはフランクフルトアムマインの中央駅にあるソーセージ屋さんの名前である。そのブランドはツアイスと言うのである。

そのソーセージを買って小分けにしてもらってそれぞれに包み紙で包んでもらって東京で皆さんに配るとびっくりされたり喜ばれたりした。
何しろ天下の光学メーカーのブランドのソーセージであるからだ。カールツアイスがソーセージにも手を出したのかと勘違いされたりもした。

カセグレン色のグリンピースはなかなか良い味であった。

« SORTIL PARIS ブレッソンさん二つ星 田中さんひとつ星 | トップページ | CDG空港からPARIS北駅がやすくなった謎 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31