フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

ロック ユー

« パウリスタ | トップページ | 神田川の時間に流れ行く風景 »

2017年4月18日 (火)

🇻🇳CT70計画 6/10大集会 と 私家本ウインの写真集のこと

Img_2463


Img_2464


Img_2465

2017年は私がライカを使いだしてちょうど50年にあたる。それ以前から仕事はしていたが写真の面白さに気がついたのは1964年の東京オリンピックの時である。
現在パリで5月5日まで開催されている私の写真展はタイトルが東京1966とあるのもこの時代の仕事である。

振り返ってみると半世紀写真を真面目にとっているのでその間、進路がぶれると言うことがないのは我ながら手柄だと思っている。

それで私の通っている唯一のカメラ店つまり四谷荒木町の我楽多屋さんの二代目さんが中心になって、悪の枢軸を結成した。
私の写真家生活半世紀を祝ってくれると言うのである。実にありがたい。
それで我楽多屋さんの常連さん、ばかりではなく何時もこのブログでお世話になっている皆さんとかそのお友達とかつまりあなたにぜひ来ていただきたいのでブログでご案内することになった。

期日は6月10日の夕である。詳しくは左のリンクをクリックしてください。

今回企画の中で1番面白いのは私家版の写真集を出すことにある。

私は今まで百二十五冊以上の書籍や写真集を出しているがそれらは取次店を通して流通しているものである。ところが今回はそうではなくて私家版なのだ。

私が仕事を認めている写真家の加納さんが私がアトランダムにネガの箱から掴み取った49本をチェックしてセレクトしてレイアウトして写真集を作ってくれることになった。

私家版と言うのはいろいろあるがその極北はニューヨーク近代美術館で見たロバートフランクの1連の私家版の写真集だ。
あれはオリジナルプリント張り込んだ限定の1部である。
フランクがあちらで学校を卒業する時恩師のアレクセイ ブロドヴィッチに献呈した写真集がある。まだ写真学生らしい初々しさが伝わってくる作品集だ。

フランクのその次の私家本の写真集は「ブラックホワイト&シングス」と言うやつだ。
ニューヨークの近代美術館で私はこの2冊をあまりに頻繁に借り出すのでミュージアムは不審に思っていたようである。どちらも稀覯本で鍵のかかるロッカーに入っていた。だからこの2冊のフランクの私家本写真集には私の汗とか指先の脂がわずかについているはずだ。

そういう大先輩を真似して今回の写真集はwinで撮影した未発表作品を加納さんが選んでくれた。
楽しみなの私もこの写真集は6月10日の本番まで見ることができないことにある。今まで自分の本は自分自分で構成していたので自分の作品集なのに見れないと言うところが何かワクワクする。
まあ、一種の生前葬だな。

それで思い出すのは60年代後半の伝説となった「プロボーク」のことだ。今は復刻版が出てオリジナルが天文学的な数字らしいが、これが出た頃は実は売れなくて私もこれを出版した写真家のシンパの人から売りつけられた記憶がある。確か値段は1,000円位だった。

森山大道さんの最初の写真集「日本劇場写真帳」は鎌倉書房から出ているがこれも出版当時は売れなくてこっちは森山さんのお弟子さんからかわされた記憶がある。
いずれの出版物も今では私の宝物だ。

winの写真集は今回の私家版が4冊目になる。しかし最初の写真集は売れに売れて40000部でさらに増刷がかかった。今回の本は100部くらいではないだろうか。
出来上がったばかりのwinの写真集を肴に四谷でいっぱいやろうと言う趣向である。

銀座八丁庵 店主敬白😎
Img_2504
❤️
おかげさまで6/10のCT70計画は早々に定員に達しました。ありがとうございます。今日のコミッテイからの連絡ではホテルとの折衝で、会場をひろくしてもらい若干の追加募集をするそうです。どうぞよろしくおねがいします。

« パウリスタ | トップページ | 神田川の時間に流れ行く風景 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30