フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

« 天皇陛下のタラップ | トップページ | iPhoneを探して雨の夜の散歩 »

2017年3月 2日 (木)

トランプ大統領の欠席届

Img_1912

トランプ大統領が大昔からホワイトハウスの伝統になっているプレス関係とのパーティーに欠席届を出したそうである。
そのことをNHKなども報道していた。

1982年に私がニューヨーク近代美術館で写真を研究しているときにトランプタワーが建築中であった。

SOHOのロフトからメトロでアップタウンに行ってニューヨーク近代美術館まで歩いて行くときにちょうどトランプタワーの建築現場があった。
それはクリスマスイヴのことで途中まで建設されたまだそれほど高くはなっていないタワーの最上階で建築労働者がサンタの格好をしてジャズを演奏していたのである。
クリスマスキャロルもあったと思う。なかなか粋なことをするなと言うので道をゆくニューヨーカーも見上げて声援を送っていた。

その時のトランプは私よりちょっと年上だからまだ30代の小僧であったわけだ。

今までの大統領の報道システムとだいぶ違ったことをやるのでまずマスメディアにトランプは睨まれている。それでCNNとかニューヨークタイムスはトランプをこき下ろすのだが、皮肉なことにニューヨークタイムスの電子板等はトランプのこき下ろし形で購読者数が増えたそうである。

それでトランプ大統領が Twitter を使って情報を発信すること自身が非常に面白い。2011年の東日本大震災の時に唯一の通信可能だった手段は、ちょうど大震災が起きた直後に私はマンハッタンにいたのだが皮肉なことに通信可能な唯一の手段がTwitterであったのだ。

通常なら報道関係が大統領報道官から受けたステートメントを自社でいろいろニュースのネタにするわけであるがトランプ大統領は思ったまんまだからあまりにもダイレクトである。
それで報道各社が結構困っているようである。というよりも大統領の報道システムそのものが変貌しつつあるのであろう。

いろいろと悪者であると言われているトランプであるが、私は長年のアメリカの覇権制度がこれで衰退して新たな世界の構造づくりができればと密かに期待しているものである。

ロシアと中国を敵対視していたアメリカが自らの覇権をゆるゆると脱ぎ捨てて覇権国家をシフトさせていると言うのは非常に重要だと思う。
日本は第二次大戦後にずっとアメリカに従属しているからさぞ困ることであろう。それが見ていて面白い。

« 天皇陛下のタラップ | トップページ | iPhoneを探して雨の夜の散歩 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31