フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« ペンタコン人民公社のカタログ | トップページ | パテの雄鶏を探して »

2017年3月 7日 (火)

ルミエールという名前のグリップ

Img_1991

Img_1991_2

Facebookで大昔のダブル8-8ミリカメラの愛好会を作った。

それでメンバーがそれぞれに興味のあるカメラが違っているわけだが私はフランスのパリのカメックスと言うカメラに興味があってそれを集めている。

しかし今のデジタルカメラが1年に何度も新製品を出すのとは異なり、カメックスの会社が9・5ミリと8ミリを制作していたが、その種類は非常に少ない。まずこれが本物のというか60年代のカメラメーカーの本来あるべき姿であろう。

それでオークションで見ていたら既に挿入しているのと同じカメラが出ているのだけれど、そこに付属しているクリップがすごく気になった。そのカメラはフランスのナンシーのセラーが持っているやつで100円落札して数日でカメラが届いた。私のような病気になるとカメラ本体よりも付属品に対して欲望が行くのだ。

興味があるのはそのハンドグリップである。アルミの削り出しであって中は中空になっている。3つで構成されているその3分の1下のほうはネジで外することができる。
すべすべした作りで何か稲垣タルホの「少年愛の美学」あたりに出てきそうな円筒形のオブジェである。

これはカメックスを製造していたエルクサムという会社のものではなくて、サードパーティー製のもののようだ。そのブランドを見るとルミエールとあるのでこれはパリのエスプリだなと思った。

1,950年代後半に木村伊兵衛がフランスに撮影旅行に行った時にいろいろな当時の著名な写真家に会っているがその中にロベール ドアノーがいた。木村伊兵衛と会ったときの挨拶が「今日はルミエールがいいね」と言うのである。

これはフランス語の通常の挨拶なのか。それとも写真の特別な挨拶の言葉なのかそれは知らない。

それはともかくとして、ルミエールのことを話題にするというのはとてもしゃれていると思う。

月末は私もパリなのでパリジャンと挨拶にルミエールのことを話題に出してみたいと思うが、、
さて、、、
Img_2025


« ペンタコン人民公社のカタログ | トップページ | パテの雄鶏を探して »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31