フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

« CT70計画 雪のザルツブルグ | トップページ | 鼻の黒い犬のような135ミリレンズが好き »

2017年3月21日 (火)

ニッコールの初期モデルの20センチのレンズフードについているポチがわからん

Img_2104

小学校の3年生か4年生の頃に冬の日光に父親といったのである。その時は私はペンタックスを使っていた。

華厳の滝は凍っていた。東照宮の眠り猫の前でペンタックスで写真を撮っていたらどっかのおじさんがやってきてボストンバッグから出したのがクロームのニコンエフとニッコールの20センチなのである。それがすごくかっこいいと思った。
大人になったらああいうカメラとレンズが欲しいと思った。それで今そのようになってさらに何十年も経過しているのである。


眠り猫の前で外人の観光客が父に何か英語で聞いていた。父はおぼつかない英語でそれに対応していた。私が父親の英語を聞いたのは前後この1回だけである。
それでも何とか意味は通じたようであった。


ニッコール20センチの伸縮式のレンズフードの表面についている銀色のポチが何十年来の謎である。
レンズフード伸ばしたときのロックボタンなのかと思ったがそんなロックは付いていない。

デザイン上のアクセントとしてこのポチをつけたとしか考えられないのである。
40年近く前アメリカのモダンフォトグラフィーの特派員をしていた時に当時のニコンのトップクラスの人と会食する機会があった。

私はこれは絶好の機会だと思ってくだんの20センチのポチについて質問をしたのがやはり会社のトップもよくわからないようであった。

でも私の好きなレンズにそのようなそれが何であるのかわからないようなものがついていると言うのは、それなりに楽しみなものなのである。

« CT70計画 雪のザルツブルグ | トップページ | 鼻の黒い犬のような135ミリレンズが好き »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31