フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 僕もコダクローム | トップページ | ちょーせいさんとちょーとくさん »

2017年2月25日 (土)

どうやってここに入れたのか??

数十年前に地下鉄はどこから線路に入れたのかと言う漫才があったと聞いた。

工事中の佃小橋であるが1週間近く京都に行っていたのでその進行状態を見なかった。買い物の帰りに見にいって非常に驚いた。
こういうことになっている。

巨大な幅の広いキャタピラがついているパワーショベルである。
こんな巨大なものをどうやってここまで持ってきたのかそれがまず最大の謎である。

佃小橋の下を通すには無理だし水路の先は行き止まりになっている。そこに信じられないような巨大な重機が川底に置かれているわけだ。

この前までは川底が見えたので白さぎちゃんが喜んで魚を食べていたが、これだけ大きな怪物が来られるともうそれどころでは無い。写真のように慌てて逃げていくのが見えた。

部屋に戻って歌人にその話をした。
家人は常識人であるから佃小橋の上までトレーラーで運んできてそれをクレーンで釣りを下ろしたのであろうと言う推測である。

確かに常識的にはそれが1番理解ができるやり方である。しかしこのブルーの重機の巨大なキャタピラと言うのはほぼ川幅の4分の1位あるのだ。我楽多屋のにだいめがこの間鴻巣市に行って食べてきた川幅のうどんみたいなものだ。

こんなものをつめるトレーラーと言うのがこの世に存在するのであろうか。

しかも佃1丁目は結構細い路地の奥にあるの:だ。まぁ謎は謎でそのまま放置しておく方が人生面白いと言うものだ。
この70年にちょっとかける人生でもこれほど面白い光景に遭遇したことがない。
土地の古老もびっくりという光景である。
Img_1908


« 僕もコダクローム | トップページ | ちょーせいさんとちょーとくさん »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30