フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

« デジタルカメラをムービーカメラの専用機として使う | トップページ | バレンタインチョコ »

2017年2月13日 (月)

フランス中のカメックスを、、、、

Img_1832これはフランス製のダブルエイトのカメラ、カメックスである。 その会社ERCSMは1947年に設立されてその10年後1957年に世界で恐らくはじめてのミラーリフレックス式のダブルエイトの撮影機を発売した。

おそらくその生産台数は少なかったに違いない。というのも私はウィーンに7年半住んでいたがついぞこのカメラを見たことがなかったからだ。 しかしある時いきつけの映画機材の専門店でセットケースに入ったこのカメラを発見して早速手に入れた。それで当時はごく普通だったコダクロームを装填して10本ほどとってみたら、その結果はすばらしいものであった。

でも70年代の終わりはすでにダブルからスーパー8時代に移行していたのでわたしはほかにボリューのスーパー8をもっていた。だから移行していた。だからコダクロームを10本とっただけなのである。でもその時の記憶は長く保存されていて素晴らしいカメラだと思った。

ごく最近になってebayを検索したら40年前に使ったカメラが結構出品されてることに気がついた。値段は安いものである。 それでフランスのカメックスをはしからかっていった。これも競争がなくて競争相手といったらせいぜいが私が主宰しているfacebookの「ダブルをドアストッパーにしないための市民の会」ぐらいなものである。

資料によればこの会社はフランスのパリにあったそうだ。ところが不思議なのは今まで買ったカメックスの中には取り扱い説明書も付いているし保証書もついているのだけれども、ついぞその会社の所在地が印刷されていないのである。これはユーザーが修理を依頼するときに購入したカメラ店を通じて修理を依頼するのであろうか。 秘密警察ならぬ秘密映画機材製作会社というのは存在するのだろうか。

« デジタルカメラをムービーカメラの専用機として使う | トップページ | バレンタインチョコ »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31