フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« どこまでがきゃうとか?ハッピー六原のベーコンロール | トップページ | 僕もコダクローム »

2017年2月22日 (水)

8桁のニコン

Img_1882_2

ニコンのレンジファインダーの最初のモデルはニコン1型である。製造番号は6091から始まっている。その6091 は製品にはならなくて仕掛け部品として捨てられたのを後で拾い上げられて今はニコンミュージアムに展示されている。

ライカの製造番号に興味を示す人が多いがニコンの製造番号に興味を示す人はあまりいない。ただし6091 はこれはニコン1形から始まってニコンエスに至るシリーズであるがこれには興味を持つ人が結構いる。まず好事家と言ってよいであろう。

俗に8桁のニコンと呼ばれているのは製造番号が6091から始まってどんどん増加していったときに繰り上げる時609はそのまま保存して9999から10,000で単位が上がったのである。

普通のニコンの製造番号は7桁であるがこれは8桁で1けた多い。それで何か非常にゴージャスな感じがすると言うのも単なる物好きの興味から来ている。

私はニコンエスは609から始まるのがニコンらしくて良いのでそれを愛用している。ロバートキャパが使っていたのはこの8桁番号の後に作られた61から始まる7桁番号のカメラである。

フイルムのサイズの長いほうの長さは36ミリではない。これはニコン1形はニコン版の34ミリであったのを無理矢理伸ばしたのだ。
だから実測の値としてはライカサイズよりもほんのちょっとすん足らずなのである。これは逆に便利であって膨大なネガを見ていてもニコンエスで撮影したものは長辺がちょっと短いからすぐ見分けることができる。

« どこまでがきゃうとか?ハッピー六原のベーコンロール | トップページ | 僕もコダクローム »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31