フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

ロック ユー

« ❤️キエフで謹賀新年❤️ | トップページ | お正月のキャナルグランデ »

2017年1月 2日 (月)

年頭所感 2017をキエフイヤーに

Img_1216

年頭所感というものが嫌いである。
一国の首相がテレビ演説してもその激動の1年が読めないからピントはずれなことばかり言っているのが年頭所感である。

だから我々下々は、年頭所感に関してはどんなにいい加減を言っても許されるであろう。

昨年の写真関係で個人的に思い出すにギャラリーバウハウスの小滝さんの「プラハ年」というのは非常に的を得て大成功だったと思う。小瀧さんの写真展 「カフカとの対話」 に関しては1月の10日に豪華メンバーでのトークイベントもある。

カフカはなぜ自殺しなかったのかということがテーマになるのであろう。ワルターベンヤミンと比較してみたいし、ユリシーズのレオポルトブルームとも比べてみたい興味あるテーマだ。

それで昨年のプラハ年の真似をして私は今年はキエフ年で行こうと考えている。

このブログのプロフィール写真がキエフ10なのだ。
これを使っている人間は私以外には見たことがなく強いて資料を探せば大昔にそういうソユーズの乗組員が宇宙空間で使ったと言う記載がある。何しろ世界最初の自動露光の一眼レフと言うのは日本製ではなく当時のソ連製のこのカメラなのだ。

アメリカのマーキュリー計画でハッセルブラッドが宇宙スペースに行ったときに飛行士は露光音痴だから露出の案内ががハッセルの裏に手書きでシールが貼られていた。
実はこの方が実用的なのである。
ソユーズ乗組員のキエフの自動カメラは何しろセレン式で絞りの値を指の力で押さえ込むシステムらしい。逆光補正もないからその結果は散々なものであったに違いない。

考えてみればソ連のスペースカメラを地上で使っているからこれはゴージャスだ。
それで今年はキエフ10をカメラオブ座イヤー進行させていく。
もっとも年頭所感なので首相の年頭所感のようにまず1ヵ月もその内容は保持できないであろう。

トランプ次期大統領が今までの伝統になぞらえてロシアを敵視攻撃しているがこれに対してプーチンはそれに応じないのがさすが大人であると思う。
世界の覇権国のバランスが変わってきて 、英国アメリカではなくてソ連中国に移行してゆくことがわかる。日本はずっとアメリカの占領国であったからこれからどうなるのか。

トランプが大統領で勝利したときに安倍首相は慌ててゴルフ道具を届けに行ったし、ウラジミールが温泉にきた時は膝を突き合わせていっぱいだったようだが、そういうのは見ていてかなりコミックである。

シンゾーさんが悪いのでなく外務省の時代感覚が外れていることになるであろう。

それで私の場合はさらにピントがずれた「キエフ10型保護主義」なのだ。

« ❤️キエフで謹賀新年❤️ | トップページ | お正月のキャナルグランデ »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30