フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

« キヤノンブイ亭デラックスのソフトケースが良い件 🍾 | トップページ | ネガのセレクションの最初のステップ »

2017年1月 5日 (木)

ササキジュンイチのクリスマスストラップ2016

Img_1222
ササキジュンイチは鵠沼海岸在住の田中長徳研究家である。
本職は不動産管理業である。
私の分厚い新書版の写真集東京ニコン日記の何ページだったか忘れたが、東京都千代田区の古い洋服屋さんの店先のウィンドウ撮影したものがあった。

それがササキジュンイチの実家であって彼はそこの長男であった。ある雑誌の写真コンテストで頭角を現してきたのが彼でなかなかいい写真を撮っていた。

私の著作のことを非常に研究しているので、わからない事は彼に聞くと本のタイトルの何ページの何行にに出てくると言う事まで教えてくれる。

一方で私は稲垣足穂の自称研究者で作古い作品から最新の作品まで細かい改訂箇所までそらんじているものである。現代思潮社が出したタルホの8巻の全集本の誤植もちゃんと覚えている。

十年ほど前からササキジュンイチはオリジナルのカスタムケースとかストラップを作ってくれるようになった。それで年に2回誕生日とクリスマスプレゼントにそれらを送ってくれるのである。複雑なケースがかなり上質で他にも欲しいと言う人がいたが実はこのカスタムケースを彼は私のためにだけ作ってくれるのである。

もっとも数年前ササキジュンイチは脳梗塞を患って今は回復したが以前のような手の込んだ革ケースは作れなくなった。
でも制作した皮ケースの型紙は全部とってあるそうである。この数年はもう少し作るのが楽なものを作って送ってくれる。
ーその 1つがこのストラップである。CHOTOKU@ WORKというブランドである。なかなか使いやすくて到着を心待ちにするようになっている。

それで元旦の日に初撮影と言うわけではないがクリスマスに到着した新しいストラップをつけて佃島のノースポイントまで撮影に行った。
重いキャノンのレンジファインダカメラに85ミリの大きなレンズをつけたのでカメラの重さはかなりある。それを肩から斜めにかけて撮影に行った。バランスが良くてなかなか快適であった。

ストラップに関してはエルンストライツ時代の良かった頃のストラップを高校生の時に神田のシュミット商会で二本買ったのが私のストラップの歴史の最初である。

大体カメラメーカーが作っているストラップは良くない。設計者が実際に撮影をしてないからストラップの肝を知らないのである。
ササキジュンイチのオリジナルストラップもベストと言う訳では無いが実用上は充分であるから当面それを使おうと思っている。

« キヤノンブイ亭デラックスのソフトケースが良い件 🍾 | トップページ | ネガのセレクションの最初のステップ »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30