フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

ロック ユー

« ❤️クリスマスに星を売る店❤️ | トップページ | ❤️ペトリのクリスマスツリーカメラ❤️ »

2016年12月25日 (日)

ドナウ運河と隅田川

世界には似た場所が2つあるというのが私の以前からの都市の考え方である。
それを今回もウイーンに滞在して強烈に感じたのだ。
まずドナウがある。もう一つは隅田川がある。

そして私の住んでいるところは40年前も今も川のほとりなのである。さらに川の流れる方向が似ているので光が同じになる。

そうなると世界中のあらゆる場所で非常に似た舞台風景と言うのが出現するわけだ。winに暮らした7年半は私はいつもアパートから出てドナウ運河の左側を永遠と歩いて街の中心部まで行った。
極東の佃島に四半世紀暮らしても行動パタンは全く同じである。

寓居を出て目の前の川の流れに沿って延々と下流に向かって歩いていくのだ。
ここに掲載した2つの写真はどちらがどちらであるかなどはわざわざ説明する必要もないが、しっかりと空間の存在感が非常に似ているのが面白いと思う。

ただし川幅は大いに異なっていて隅田川の3分の1ぐらいしかドナウ運河だ。面白いのは隅田川にはちゃんと柵があって遊歩道になっている。
ドナウ運河の場合は単なる川岸であってそこには何も柵はない。だから落ちたらそれまでである。
こわごわ岸辺から下を覗くとドナウの青い水が私に向かって、「落ちたら死ぬぞ……落ちても知らんぞ」と言っているのである。

親水公園で歩行者の身の安全を図っているよりも実は人生に対して親切なのはドナウ運河のように安全のプロテクションもない方が良いと言うことに今回気がついた。Img_1155


Img_1154


« ❤️クリスマスに星を売る店❤️ | トップページ | ❤️ペトリのクリスマスツリーカメラ❤️ »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30