フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

ロック ユー

« ダリ的分解 | トップページ | 呑川に飲まれる »

2016年11月 1日 (火)

西新井のニコマートとリコーフレックス

Pa050149

旅先の小さなお店で中古のカメラを見て胸算用をするのは楽しいものだ。 四半世紀前にベルギーをずっと旅行したことがあった。ベルギーは関東地方位の大きさであるから我々からするとベルギー全土を旅行してもそれほど大変では無いのだが、ベルギー人にしてみると自分の国をくまなく旅行するというのはあまり無いようである。これはその取材の時に観光局の偉い人から聞いた話だ。私はベルギー政府観光局のマニュアルを制作していたので全国を回るのはこれは業務上なのである。 ベルギーの南部にあるつまりフランス語圏の小さな町で、かたつむりが街のシンボルになっているその名前は忘れてしまった場所なのであるが、そこを取材してこれから別の地点に移動しようとしたときに小さな町の中古カメラ屋さんでドイツ製のロボットの古いモデルがあって思わず買おうかと思った。 あるいはこれもベルギー南部のこちらは街の名前をちゃんと覚えている町中が階段だらけのナミュールと言うところがあるが、そこのカメラ屋さんでプロ用の映画撮影機エクレールNPRを見てそれも買おうかどうか迷ったことがあった。 しかし旅の途中でカメラを買っていては仕事にならないから買わないのは事実である。 30年近く前にアメリカのミシガン州を取材したことがあった。ミシガンの1番北の小さな町ペトスキーに行った時そこでカメラスピードグラフィックが40ドルでパウンショップに出ていた。その日の夕方にBARで飲んでホテルに帰る帰り道にそのカメラを発見した。翌日は早い出発の予定であったが出発をちょっと伸ばしてそのカメラを買った。 スピードグラフィックはそのまま私の撮影道具となって旅の後半はすべてそのカメラで撮影したのである。そのカメラには小さな金属製のプレートが付いていて以前はその地方の森林局と言うようなところで使われていたカメラであることが分かった。 こういうのはなかなか趣がある。 ここにあるリコーフレックスとニコマートは西新井の質屋さんのウィンドウで見かけたものだ。私にとっては西新井もミシガン州の田舎町も同じ旅の途中なのである。

« ダリ的分解 | トップページ | 呑川に飲まれる »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30