フォト

ギャラリーバウハウスの展示

オンラインギャラリー

バナー

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

無料ブログはココログ

« 天にのぼるような階段 | トップページ | ペトリ街 »

2016年10月11日 (火)

秋の東大前

000127560032東京駅北口から東大前を通って荒川土手まで行くバス路線が好きな事は度々書いている。

本郷通りのこのセクションが実に不思議なのは私がバスに乗る時間帯にはいつもガラガラであることだ。これは数年前に撮影したのだが銀杏が色づいて綺麗だ。

吉田健一の戦前のこの界隈を記録した話によれば当然のことながらもっと鬱蒼とした森林のような茂みであってその下におでん屋台がたくさん軒を並べていたそうである。

吉田健一は家のそばにたくさん酒屋もあるのにそこまでわざわざ円タクを利用して出かけたらしい。それはそれで文豪のその時代の行動が分かって面白いのだが。私が注目しているのは当時のタクシー乗合自動車にはこれは1円で東京市のどこまでも行けたという時代の話であるが、その多くは外国製の車であってしかもクルマにはヒーターが装備されていなかったという事実である。

吉田健一がたまたま使っていた乗合自動車がそうであったのかどうかは分からないが東大のまっすぐな通りを走っているときに私はいつもそのことを思い出す。

その先の向ケ丘界隈の本郷通りのまっすぐなのも非常に好ましくて、私の東京ニコン日記で1,960年代後半にやはり都バスでこの界隈を都心に向かって走っているときの車窓からの風景がある。これも路上には人影もなければ都電も走っていないし車の姿がない。その写真集を見ているときにこれは60年代であるから車の数が少ないのだと思っていた。ところが現代に特定の時間帯を走るとやはりここはグレーのアスファルトだけが延々と広い空間なのである。そういう東京が好きだ。

« 天にのぼるような階段 | トップページ | ペトリ街 »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30