フォト

オンラインギャラリー

バナー

無料ブログはココログ

チョートクカメラ塾ブログ

Chotokuぶらり パチ塾

« 夏目漱石を探して | トップページ | コンタックスVsキエフ »

2016年10月 2日 (日)

ギャラリーバウハウスで水島さんのプラハのギャラリートーク

R0320165_2神田明神のトナリのギャラリーバウハウスで開催中の水島さんのプラハの展覧会のギャラリーツアーに参加した。

事前に主催者側から水島さんのトークがトラブルが起こったら手伝ってくれという風に言われていた。しかし実際は水島さんのキャリアはフリーアナウンサーなのであって2時間退屈もせずに楽しい話をしてくれた。彼女は写真も素晴らしいがトークの才能も凄いと言うこれはなんというのか言葉がワカラナイが文武両道というのかな。

水島さんの作品がいいと思うのは思いつきの短期滞在で撮影された作品ではないということだ。あたしモ含めて日本在住の写真家とかワナビー写真家志望者は思いつきで2週間ぐらい外国に行って慌てて写真を撮影して帰ってくる。それでいっぱしの先生になろうというのもひどい話である。

水島さんが愛用しているローライフレックスは東ドイツのカールツアイスのバイオメーター80ミリである。これはプラハの中古カメラ屋さんで買ったものなのだが非常にレアなので数年前、水島ファミリーに招待されたときにそのローライを見せられて私はびっくりした。ローライコレクターが慌てるようなレアなモデルなのだ。

写真家にはそれぞれの撮影の方法があるが、水島さんの場合は被写体が来るまで待ち伏せをするのである。あたしは気が短いからそういうことは絶対出来ない通りすがりの辻斬りが一般のやりかただ。

もう一つ面白いのはローライフレックスのフイルムは12枚であるが彼女の場合最後の12枚目にシャッターチャンスが訪れるということなのである。これはやはり人生についていると分析するべきなのだろうか?

写真展は10月15日まで。

« 夏目漱石を探して | トップページ | コンタックスVsキエフ »

ごあいさつ

  • 2016/6/30 フォトメンタリーさんとの契約が終了しました。ありがとうございました。
  • リニューアルのごあいさつ 本日より「冠スポンサー」にPHOTOMENTARYさんをお迎えして「PHOTOMENTARYチョートクカメラ日記」がスタートします。 オリンパスさんには長年のサポートまことに有り難うございました。 今後ともご愛読のほどよろしくお願いします。 2014年10月16日@@@田中長徳 ^^^^^^^^^^^^ チョートクカメラ日記は最初は2001年5月、月刊「カメラジャーナル」上の月一度の「紙の上の日記」としてスタートしました。 2003年7月から「MJチョートクカメラ日記」として本格的に始動し、総計650万ページビューを超えるオンラインカメラ日記に育ちました。 これも皆様のご支援のおかげです。 本日「冠スポンサー」が、初代メデイアジョイさん、二代目駒村商会さんに続き、オリンパスさんにバトンタッチして、新規のスタートをきりました。 デジタルカメラの未来と、銀塩カメラの未来を縦横に語って行く 「PEN PENチョートクカメラ日記」を 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 2009年12月17日 @@@田中長徳  
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30